世界の国花 スリナム共和国 Suriname

世界の国花 スリナム共和国 Suriname かぎけん花図鑑花日記2022年9月6日

スリナム共和国 Suriname SR ファヤロビ(Ixora macrothyrsa)

スリナムは南米大陸の北東部に位置し、北大西洋に面する南米で最も小さい国です。以前の国名は、オランダ領ギニアで、1975年に独立しました。河川が多く、国名の「スリナム」とは「岩の多い川」という意味です。ボーキサイトの産地で河川を利用して大きなダムを造り水力発電を利用してアルミナを生産し輸出額の大半を稼いでいます。国の成り立ちが複雑で多くの人種が混在します。オランダ植民地時代にはアフリカ人奴隷が多数強制連行されプランテーションで強制労働させられました。

国旗は上から、帯状の緑、白、赤、白、緑で、赤帯には黄色い星があります。色はそれぞれ、緑は豊かな国土を、赤は進歩と繁栄、白は正義と自由を表し、中央の黄色い星は民族の団結と希望を表す。

スリナムの国花はファヤロビ


ファヤロビ(Ixora macrothyrsa) は、イクソラ・マクロティルサ(学名;Ixora macrothyrsa)のことで、セレベス島原産でアカネ科 サンタンカ属の常緑低木です。ファヤロビ(Faja lobi)はインドからスリナムに持ち込まれて以来、最も人気のある花となりスリナムの国花とされます。

スリナム共和国(日本語)、Suriname(English)、老挝人民民主共和国 (中国語)、SR(2文字コード)

■関連ページ
特集 世界の国花花日記かぎけんWEB

  • イクソラ・マクロティルサ
  • イクソラ・マクロティルサ

他の記事