イクソラ・マクロティルサ

Ixora macrothyrsa

国花:スリナム

  • イクソラ・マクロティルサ
  • イクソラ・マクロティルサ
  • 花名
    イクソラ・マクロティルサ
  • 学名
    Ixora macrothyrsa
  • 別名Ixora, ファヤロビ, Faja lobi
  • 原産地セレベス島
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

イクソラ・マクロティルサとは

イクソラ・マクロティルサ(学名;Ixora macrothyrsa)は、セレベス島原産でアカネ科 サンタンカ属の常緑低木です。ファヤロビ(Faja lobi)はインドからスリナムに持ち込まれて以来、最も人気のある花となりスリナムの国花とされます。ファヤロビとはスリナム語でファヤロビ属のことで、ラテン語ではイクソラ(Ixora)属を意味し、特にイクソラの1種「イクソラ・マクロティルサ(Ixora macrothyrsa )」を指すとされますす。また、スリナム語でファヤロビは「激しい愛」を意味するそうです。この花は別名でキングイクソラ(king ixora )やアフリカイクソラとも呼ばれます。樹高は2m程で、花序は径15~20cm、濃赤色の花が咲き、次第に濃紫紅色に変化します。真っ赤な花を咲かせるということで、私たちが知っているイクソラでは、イクソラコクシネア()やイクソラ・ダッフィー(学名:Ixora duffii)に近いかもしrません。日本に輸入された折にファヤロビ(Ixora macrothyrsa)には、Bactrocera dorsalis species complex (ミカンコミバエ) が見つかった記録があります。

一般名:イクソラ・マクロティルサ、学名;Ixora macrothyrsa, 別名:キングイクソラ(king ixora )やアフリカイクソラ、分類:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科サンタンカ属、 原産地:セレベス島、生活型:常緑低木、樹高:200cm、 葉色:艶のある濃緑色、葉形:大きく幅広な長楕円形・倒卵形、葉序:対生、放射相称、花序形:散房花序、花冠:車形で先端が4裂(十字形)、花色:鮮紅色、開花期:周年、花径:15~20cm、花の出る場所:茎頂及び葉腋、果実型:核果、鳥媒花、注:有毒植物、用途:庭植え、生垣、切り花。


  • リンドウ
  • アカネ
  • サンタンカ
  • イクソラ・マクロティルサ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    車形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 200.0 cm
  • 花径15.0 ~ 20.0 cm

ランダムな花