かぎけん花図鑑 9月6日の誕生花 ミソハギ

かぎけん花図鑑 9月6日の誕生花は、ミソハギです。

ミソハギ


ミソハギ(禊萩、学名:Lythrum anceps)は、日本~朝鮮半島原産で、ミソハギ科ミソハギ属の耐寒性多年草です。日本全国の湿地や水際など水辺で、日当たりの良い場所によく見られます。
ミゾ(溝)ではなくミソ(禊)なんです。
お盆の時期に生えこの花を束ねてお供え物に水を注いで清めることから、ボンバナ(盆花)やショウリョウバナ(精霊花)とも呼ばれます。
すらりとした四角い茎の先端から穂状花序を伸ばし赤紫色の小花を咲かせます。葉は秋に紅葉します。花言葉は「純愛」です。

エゾミソハギ(蝦夷禊萩、学名:Lythrum salicaria)と似ています。
両者の違いは、エゾミソハギの方が草丈が大きく、花が密に咲き、萼や花に短毛があります。
茎の基部で、エゾミソハギの葉が茎を抱くのに対して、ミソハギは抱きません。
萼片の間の付属片は、エゾハギが直立するのに対し、ミゾハギは水平になります。

かぎけん花図鑑 https://www.flower-db.com/ja/articles

  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ

他の記事