ミソハギ

Lythrum anceps

  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • 花名
    ミソハギ
  • 学名
    Lythrum anceps
  • 別名ボンバナ, ショウリョウバナ
  • 原産地日本~朝鮮半島
  • 開花場所田んぼ
  • 開花期7月, 8月, 9月
  • 花言葉純愛

ミソハギとは

ミソハギ(禊萩、学名:Lythrum anceps)は、日本~朝鮮半島原産で、ミソハギ科ミソハギ属の耐寒性多年草です。日本全国の湿地や水際など水辺で、日当たりの良い場所によく見られます。お盆の時期に生え、この花を束ねてお供え物に水を注いで清めることから、ボンバナ(盆花)や、ショウリョウバナ(精霊花)とも呼ばれます。すらりとした四角い茎の先端から穂状花序を伸ばし赤紫色の小花を咲かせます。秋に葉が紅葉します。
エゾミソハギ(蝦夷禊萩、学名:Lythrum salicaria)と似ていますが、エゾミソハギの方が草丈が大きく、花が密に咲き、萼や花に短毛があります。茎の基部で、エゾミソハギの葉が茎を抱くのに対して、ミソハギは抱きません。萼片の間の付属片は、エゾハギが直立するのに対し、ミゾハギは水平になります。

一般名:ミソハギ(禊萩)、学名:Lythrum anceps、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目ミソハギ科ミソハギ属、又名:ボンバナ、ショウリョウバナ(精霊花)、原産地:日本~朝鮮半島、分布:日本では北海道〜九州、環境:畑や路傍、生活型:多年草、草丈:100~130 cm、葉色:緑→赤(秋)、葉形:細卵形、葉長:2~6 cm、葉序:十字対生、葉柄:有、花弁数:6、花序形:穂状花序、花序高:20〜30 cm、開花期:7月~9月、花色:ピンク、紅紫、花径:0.6 cm、用途:ビオトープ,庭植え、葉と花は食用、全草が漢方。


  • フトモモ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • ミソハギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    高杯形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性多年草(宿根草)
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 130.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.7 cm

ランダムな花