万葉集草木シリーズ10.スモモ

スモモ(酢桃、李、学名:Prunus salicina)は中国原産で、バラ科スモモ属の落葉広葉小高木及びその果実です。別名でニッポンスモモ(日本季)、Japanese plum、ハタンキョウ(巴旦杏) 、プルヌス・サリーシナ(Prunus salicina)と呼ばれます。日本へは奈良時代に伝来しました。


万葉集でよまれた「スモモ」のうた


第十九巻:4140 作者:大伴家持(おおとものやかもち)

わが園の 李(すもも)の花が 庭に降る(のか、それとも) はだれ(淡雪)が まだ残っているのだろうか。

原文はこちらへ ... 以下本文に続く

■関連ページ
万葉集草木シリーズ10.スモモ かぎけん花図鑑 花日記2022年12月27日
特集 万葉集でよまれた草木

  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ
  • スモモ

他の記事