レブンキンバイソウ

  • レブンキンバイソウ_img_0
    レブンキンバイソウ @ 礼文島高山植物園
  • レブンキンバイソウ_img_1
    レブンキンバイソウ @ 礼文島高山植物園

基本情報

花名
レブンキンバイソウ
英名
Trollius riederianus
学名
Trollius ledebourii var. polysepalus
別名
キタキンバイソウ, 礼文金梅草, 北金梅草
原産地
礼文島
生活型
多年草

コメント

レブンキンバイソウとは

レブンキンバイソウ(礼文金梅草、学名:Trollius ledebourii var. polysepalus)は、礼文島固有種で、キンポウゲ科キンバイソウ属の多年草です。礼文島や北海道の高山の草地で見られます。初夏〜夏に、黄色い花を上向きに咲かせます。しかし、この花弁のように見えるものは萼片で、花弁は雄蕊のように見えるものです。根生葉や茎葉は3出複葉の内、2小葉が深裂するため掌形をしています。葉縁には鋸歯が有ります。キンバイソウと比べると、萼片が10~13枚と多く大きく、葉は欠刻が深くて鋭い。花名は、礼文島で咲く金色の梅に似た花と言うことで付けられました。

一般名:レブンキンバイソウ(礼文金梅草)、学名:Trollius ledebourii var. polysepalus、別名:キタキンバイソウ(北金梅草)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科キンバイソウ属レブンキンバイソウ種、原産地:礼文島、生息地:亜高山、環境:湿った草地、茎長:30〜80 cm、花色:黄、花の咲き方:八重、開花期:6月中旬〜7月上旬、花径:4 cm。

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
キンバイソウ
レブンキンバイソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
バラ形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山亜高山特定の地域
開花時期
6月7月
高さ
30 ~ 80 [cm]
花径
3.5 ~ 4

アクセスランキング(日別)

アンゲロニア・セレナ_img
サンタンカ_img
キク_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

イチベンバナ_img
ヤドリギ_img
シラヒゲソウ_img
ソバ_img
ブラッシア・エターナルウィンド_img
リンドウ_img
グラスツリー_img
アメフリノキ_img
ウリハダカエデ_img
ユウガオ_img
グロリオサ_img
パプリカ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved