かぎけん花図鑑

ドクゼリ

基本情報
花名
ドクゼリ
英名
Cicuta virosa
学名
Cicuta virosa
別名
毒芹, Cicuta virosa, オオゼリ, 大芹, water-hemlock, cowbane, ドクセリ
原産地
欧州、北米、東南アジア
生活型
多年草、有毒植物
コメント
ドクゼリ(毒芹、学名:Cicuta virosa)は、欧州、北米、東南アジア原産で、セリ科ドクセリ属の大型の多年生の有毒植物です。水辺や湿地に自生します。全草が有毒で、ドクウツギトリカブトと共に3大有毒植物とされます。葉が食用となるセリと似ています。
一般名:ドクゼリ(毒芹)、学名:Cicuta virosa、又名:別名、オオゼリ(大芹)、water-hemlock 、 cowbane 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目セリ科ドクセリ属、葉形:2・3回羽状複葉、葉縁:鋸歯、花序形:複散形花序、花色:白、花径:0.2-0.3 cm、花弁数:5、開花期:6~7月。
詳細情報
セリ
セリ
ドクセリ
ドクセリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
多散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
湿地
開花時期
6月 7月
高さ
80  ~ 100  [cm]
花径
0.2  ~ 0.3