トリカブト

Aconitum japonicum subsp. japonicum

  • トリカブト
  • トリカブト
  • 花名
    トリカブト
  • 学名
    Aconitum japonicum subsp. japonicum
  • 別名monkshood, 鳥兜
  • 原産地日本や中国等、北半球の温帯地域
  • 開花場所野原・畦道, 湿地, 低山
  • 開花期8月, 9月, 10月
  • 花言葉騎士道

トリカブトとは

トリカブト(鳥兜、学名:Aconitum)は日本や中国等、北半球の温帯地域の湿った山野に自生するキンポウゲ科の多年草の総称です。 葉は掌状に3裂し、枝に互生してつきます。 夏から秋、茎先から伸びた総状または散房状花序に青紫色の花を咲かせます。 花の形が、能楽で被られる冠、すなわち、鳥兜・烏帽子(えぼし)に似ているのが名前の由来です。
トリカブトの種類には、葉が3〜5深裂し、茎が湾曲したヤマトリカブト(山鳥兜、学名:A. japonicum Thunb.)や、茎が直立したハコネトリカブト(箱根鳥兜)、ヤチトリカブト(学名:Aconitum nipponicum ssp. nipponicum var. nipponicum)オゼトリカブト(尾瀬鳥兜、学名:Aconitum sachalinense )等があります。
キンポウゲ目の植物には有毒のものが多いですが、鳥兜はとりわけ毒性が強く、全草にアコニチンと言う強力な毒があります。トリカブトは、ドクゼリ(独芹)ドクウツギ(毒空木)と共に、日本3大有毒植物とされます。

一般名:トリカブト(鳥兜)、学名:Aconitum japonicum subsp. japonicum、別名:monkshood、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科トリカブト属、原産地:日本、朝鮮、中国、生息分布:日本全国、環境:湿った山野、生活型:多年草、草丈:30〜120cm、葉形:掌状に3裂、葉序:互生、葉色:緑、花色:通常、青紫、他に白や桃、黄、花径:3~5 cm、開花期:8月〜10月、果実型:袋果、果実形:長楕円形。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • トリカブト
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    仮面状花冠
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
  • 生活型多年草、毒草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 120.0 cm
  • 花径3.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花