トリカブト

  • トリカブト_img_0

    トリカブト @ くじゅう野の花の郷

基本情報

花名
トリカブト
英名
Aconite
学名
Aconitum japonicum subsp. japonicum
別名
monkshood, 鳥兜
原産地
日本や中国等、北半球の温帯地域
生活型
多年草、毒草

コメント

トリカブト(鳥兜、学名:Aconitum)は日本や中国等、北半球の温帯地域の湿った山野に自生するキンポウゲ科の多年草の総称です。 葉は掌状に3裂し、枝に互生してつきます。 夏から秋、茎先から伸びた総状または散房状花序に青紫色の花を咲かせます。 花の形が、能楽で被られる冠、すなわち、鳥兜・烏帽子(えぼし)に似ているのが名前の由来です。キンポウゲ目の植物には有毒のものが多いですが、このトリカブトはとりわけ毒性が強く、全草にアコニチンと言う強力な毒があります。ト リカブトと、ドクゼリ、ドクウツギ(毒空木)は日本3大有毒植物とされます。
トリカブトの変種で、葉が3〜5深裂し、茎が湾曲したものにヤマトリカブト(山鳥兜、学名:A. japonicum Thunb.)があります。同じく変種で、茎が直立したものにハコネトリカブト(箱根鳥兜)があります。

一般名:トリカブト鳥兜)、 
学名:Aconitum japonicum subsp. japonicum、 
別名:monkshood、 
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科トリカブト属、 
原産地:日本、朝鮮、中国、 生息分布:日本全国、 環境:湿った山野、  
生活型:多年草、 草丈:30〜120cm、 葉形:掌状に3裂、 葉の付き方:互生、 葉色:緑、 
花色:通常、青紫、他に白や桃、黄、 花径:3~5cm、 開花期:8月〜10月、 
果実型: 袋果、 果実形:長楕円形

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
トリカブト
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
仮面状花冠
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
羽状深裂
鑑賞場所
低山湿地野原・畦道
ピンク, 紫, 黄, 白
開花時期
8月9月10月
高さ
30 ~ 120 [cm]
花径
3 ~ 5

アクセスランキング(日別)

テマリソウ_img
リナリア_img
パンノキ_img
エルサレムセージ_img

ランダムな花

ガウラ_img
フシグロセンノウ_img
カラタチ_img
インドネシアン・ワックス・ジンジャー_img
メガクリニウム ファルカタム・ジャングル ジェム_img
タツタナデシコ_img
オカメザクラ_img
サルビア・ミクロフィラ '‘ピンクブラッシュ’_img
ヤマオダマキ_img
椿 さつま_img
コキンバイザサ_img
トケイソウ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved