かぎけん花図鑑

オギノツメ

基本情報
花名
オギノツメ
英名
Hygrophila salicifolia
学名
Hygrophila salicifolia
別名
荻の爪
原産地
日本
生活型
多年草
コメント
オギノツメ(荻の爪、学名:Hygrophila salicifolia)は、日本原産で、キツネノマゴ科オギノツメ属の多年草です。南日本の水田に自生します。雑草とされますが、アクアリウムの水草にもなるます。葉は長い線状披針形で、対生につきます。夏から秋に、葉腋に薄紫色の小花を束生させて咲かせます。
一般名:オギノツメ(荻の爪)、学名:Hygrophila salicifolia、別名:ハイグロフィラ・サリチフォリア(Hygrophila salicifolia)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目キツネノマゴ科オギノツメ属オギノツメ種、生息地:南日本、環境:水田、湿地、生活型:多年草、草丈:30 cm、茎断面形:四角形、葉色:緑、葉形:線状披針形、葉長:長い、葉序:対生、花色:薄紫色、花期:8月~ 11月、花柄:無し、花序:葉腋に束生、用途:アクアリウムの水草・雑草。
詳細情報
シソ
キツネノマゴ
オギノツメ
オギノツメ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
川・池
開花時期
8月 9月 10月 11月
高さ
30  ~ 30  [cm]
花径
0.5  ~ 0.5