シュンギク

Glebionis corona

鍋友野菜

  • シュンギク
  • シュンギク
  • シュンギク
  • シュンギク
  • シュンギク
  • シュンギク
  • 花名
    シュンギク
  • 学名
    Glebionis corona
  • 別名キクナ, 菊菜, Crown daisy, 春菊
  • 原産地地中海沿岸
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月

シュンギクとは

シュンギク(春菊、学名:Glebionis coronaria)は地中海沿岸原産で、キク科シュンギク属の一年草です。主に葉茎を鍋野菜に使います。花名の由来は春に開花するキク科の花から来ています。

一般名:シュンギク(春菊)、学名:Glebionis coronaria 、別名:キクナ(菊菜)、Crown daisy、分類名:植物界被子植物真正門双子葉類キク目キク科シュンギク属、原産地:地中海沿岸、草丈:20〜60cm、毛:全草無毛、葉形:長楕円形で羽状2回複葉(いわゆる。菊葉)、葉序:互生、葉柄:無し、葉と茎の関係:葉は茎を抱く、葉縁:鋸歯有、開花期:4月〜5月、小花の構成:頭状花と舌状花、花色:黄、黄色地に白の覆輪、花径:3〜4cm、果実形:痩果、用途:観賞用、葉茎は食用となる。旬:11月〜3月、収穫の草丈:20〜30cm、料理方法:すき焼き、しゃぶしゃぶなどの鍋物や、天麩羅、おひたし、胡麻和え、備考:独特の香りと味で好みが分かれる。


  • キク
  • キク
  • シュンギク
  • シュンギク
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 60.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花