セイタカアワダチソウ

  • セイタカアワダチソウ_img_0

    セイタカアワダチソウ @ 神奈川県

  • セイタカアワダチソウ_img_1

    セイタカアワダチソウ @ 神奈川県

  • セイタカアワダチソウ_img_2

    セイタカアワダチソウ @ 猿江恩賜公園

  • セイタカアワダチソウ_img_3

    セイタカアワダチソウ @ 猿江恩賜公園

基本情報

花名
セイタカアワダチソウ
英名
Canada goldenrod
学名
Solidago canadensis var. scabra
別名
セイタカアキノキリンソウ, 背高泡立草, 背高秋の麒麟草, Canada goldenrod, Solidago canadensis, Solidago
原産地
北米
生活型
多年草

コメント

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)は北米原生の帰化植物のキク科アキノキリンソウ属の多年草です。日当たりの良い空き地や河川敷で大繁殖し勢力範囲を拡大しています。日本の在来種等他の植物を駆逐していることが問題視されています。特に、ススキ(薄) とのバトルには凄まじいものがあります。小さな頭花を密に付けて大きな円錐花序を作ります。虫媒花なので、風が運ぶ風媒花とは違い花粉症発症の要因では無いとされます。養蜂家が秋の蜜源としています。同科同属の オオアワダチソウ(大背高泡立草)と似ています。

一般名:セイタカアワダチソウ(背高泡立草)、学名:Solidago canadensis var. scabra、Solidago altissima、別名:セイタカアキノキリンソウ(背高秋の麒麟草)、ソリダゴ(Solidago)、ゴールデンロッド(金の鞭)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キクキク科アキノキリンソウ属、原産地:北米、環境:日当りの良い空き地・河川敷、草丈:100〜250cm、葉形:披針形、葉長:20cm、葉序:互生、葉縁:低い鋸歯、花序:円錐花序、花序高:20〜30cm、頭花の花径:0.5~0.7cm、開花期:10月~11月、花色:黄。

詳細情報

キク
キク
アキノキリンソウ
セイタカアワダチソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
10月11月
高さ
100 ~ 250 [cm]
花径
0.5 ~ 0.7

アクセスランキング(日別)

アンスリウム_img
テマリソウ_img
ホウセンカ_img
ユキモチソウ_img

ランダムな花

ストック 'ディープ ローズ カルテット'_img
ラッキョウ_img
サイコトリア・ペピギアナ_img
カラマツソウ_img
ヤマトイモ_img
ズッキーニ_img
タイガーオーキッド_img
コムギセンノウ_img
アップルミント_img
ヤノネボンテンカ_img
ブルーファンフラワー_img
モンパノキ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved