ヨモギ

Artemisia princeps

万葉集でよまれた草木

  • ヨモギ
  • ヨモギ
  • ヨモギ
  • ヨモギ
  • 花名
    ヨモギ
  • 学名
    Artemisia princeps
  • 別名モチグサ, モグサ
  • 原産地日本在来種、中央アジア
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期8月, 9月, 10月

ヨモギとは

ヨモギ(蓬、Artemisia princeps)は、キク科ヨモギ属の耐寒性常緑多年草です。日本全国の畦道や山野に自生します。葉裏にある白毛を集めて灸に使われたり、草餅の材料となります。セイタカアワダチソウ(背高泡立草、学名:Solidago canadensis var. scabra)と同様、「アレロパシー(他感作用、allelopathy)」と言う、地下茎から他の植物の発芽を抑制する物質を分泌します。
夏~秋に花粉が飛散し、ブタクサと同様に秋の花粉症の原因植物となるので、アレルギー症の方は植物に近づかないよう注意が必要です。

一般名:ヨモギ(蓬)、学名:Artemisia princeps or Artemisia indica var. maximowiczii 、別名:Japanese mugwort、サシモグサ、モチグサ(餅草)、モグサ、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物綱キク目キク科ヨモギ属、生息分布:日本全国、生息環境:畦道や山野、生活型:多年草、草丈:50~100cm、葉長:8cm、葉幅:4cm、葉形:羽状複葉、葉序:互生、 開花期:8~10月、花序形:円錐花序、花色:淡褐色、花冠形:管状花から成る頭花、花径:0.15cm、果実型:痩果、用途:若芽は野菜、モグサ、漢方薬、花粉飛散時期:8~10月。


  • キク
  • キク
  • ムカシヨモギ
  • エゾムカシヨモギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    倒披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 50.0 cm
  • 花径1.5 ~ cm

ランダムな花