かぎけん花図鑑

センジュガンピ

基本情報
花名
センジュガンピ
英名
Lychnis gracillima
学名
Lychnis gracillima
別名
千手岩菲
原産地
日本
生活型
多年草
コメント
センジュガンピ(千手岩菲、学名:Lychnis gracillima)は日本原産で、ナデシコ科センノウ属の多年草です。夏に細い花茎先端から伸びた花序にナデシコに似た白い五弁花を咲かせます。低山~亜高山の湿った林に生えます。花は小さく、花弁の縁に不規則なギザギザがあります。花弁や雌蕊、雄蕊の先端はいずれも白い。蕊元は葉色と同じ緑色であり、全体が白と緑で統一されており清々しく清楚です。名前の由来は、千手は日光中禅寺湖の西岸:千手浜のこと、ガンピは中国原産のナデシコ科の花「ガンピ」に似ていることから付けられました。
■以下にセンノウ(仙翁)の仲間をご紹介します。
エンビセンノウ(燕尾仙翁、学名:Lychnis wilfordi)マツモトセンノウ(松本仙翁、学名:Lychnis sieboldii)センジュガンピ(千手岩菲、学名:Lychnis gracillima)フシグロセンノウ(節黒仙翁、学名:Lychnis miqueliana)
一般名:センジュガンピ(千手岩菲)、学名:Lychnis gracillima、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ナデシコ科センノウ属センジュガンピ種、原産地:日本の本州、環境:山地の暗い森林、生活型:多年草、草丈:30〜80 cm、花色:白、花径:2 cm 花弁数:5枚、花弁縁:浅く2つに裂け、さらに細かく切れ込む、開花期:7月〜8月。
詳細情報
ナデシコ
ナデシコ
センノウ
センジュガンピ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
低山 亜高山
開花時期
7月 8月
高さ
30  ~ 80  [cm]
花径
1.5  ~ 2