アルケミラモリス

  • アルケミラモリス_img_0
    アルケミラモリス @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
アルケミラモリス
英名
Alchemilla molis
学名
Alchemilla molis
別名
レディース・マントル, Lady's mantle, Alchemilla molis
原産地
欧州東部から小アジア
生活型
常緑多年草のハーブ

コメント

アルケミラモリスとは

アルケミラモリス(学名:Alchemilla molis)は、欧州東部から小アジア原産でバラ科ハゴロモグサ属の常緑多年草のハーブです。夏に、長い花茎から集散花序を伸ばし黄~黄緑色の小花をたくさん咲かせます。薄毛の生えた若草色の葉は柔らかく、フェルトの手触りです。 葉形は丸味を帯びた腎形が10浅裂した掌型で、葉縁に鋸歯があります。別名でレディース・マントル(Lady's mantle)とも呼ばれます。花木は観賞用や切り花、庭のグランドカバー、ロックガーデンに、花はドライフラワー、葉は乾燥させてお茶にして飲むと喉の炎症に効果があります。

一般名:アルケミラモリス(Alchemilla molis)、学名:Alchemilla molis、別名:レディース・マントル(Lady's mantle)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科ハゴロモグサ属(アルケミラ属)、原産地:欧州東部~小アジア、環境:山岳地、草丈30~50 cm、葉色:緑 、葉身長:15cm、葉形:腎臓形で10浅裂、葉縁:鋸歯、葉質:葉に軟毛あり、放射相称花、花序形:集散花序、萼片:4、花花弁:無し、色(萼片色):黄~黄緑、花(萼片)径:0.2~0.3 cm、開花期:5月~7月、用途:切り花や庭のグランドカバー、ロックガーデン、ドライフラワー、ハーブ。

詳細情報

バラ
バラ
ハゴロモグサ
アルケミラモリス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
緑, 黄
開花時期
5月6月7月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
0.2 ~ 0.3

アクセスランキング(日別)

イエローサルタン_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

ハナヤエムグラ_img
ファレノプシス・アマビリア_img
コバホウライシダ_img
ルイジアナ・アイリス_img
ネオレゲリア・ファイアーボール_img
ペリカンバナ_img
オケサガキ_img
イソトマ_img
トウジンビエ パープルマジェスティ_img
ハマエノコロ_img
キバナノカワラマツバ_img
ティントガーネット_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved