江戸彼岸

Cerasus itosakura f. ascendens

桜シリーズ7.江戸彼岸,桜の原種,オオシマザクラと共にソメイヨシノの親,早咲き桜

  • 江戸彼岸
  • 江戸彼岸
  • 江戸彼岸
  • 江戸彼岸
  • 花名
    江戸彼岸
  • 学名
    Cerasus itosakura f. ascendens
  • 別名Edihigan, エドヒガン
  • 原産地日本
  • 開花場所植物園, 低山, 公園
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉桜の原種

江戸彼岸とは

桜の原種の一つ


エドヒガン(江戸彼岸、学名:Cerasus itosakura f. ascendens)とは、バラ科サクラ属の落葉広葉高木「サクラ」の野生原種です。名前の一部に「彼岸」と付くように早咲きで、葉が開く(展葉)前に開花します。花は一重で、やや小さく、白~薄紅色です。萼下部(付け根)に球状の膨らみがあります。長寿で1000年を越える樹が多く残っており中には2000年を超えるものもあります。また、巨木となる性質を持つ上、花が美しいので、天然記念物となっている桜の木39件中、11件がエドヒガンとその系統の桜です。天然記念物でかつ日本五大桜とされる「石戸蒲ザクラ(埼玉県北本市)」や、「山高神代ザクラ(山梨県北杜市)」、「根尾谷淡墨ザクラ(岐阜県本巣市)」もエドヒガンザクラです。ソメイヨシノ(染井吉野、学名:Cerasus ×yedoensis cv. yedoensis)より早く、彼岸(春分、3月21日)頃に咲き始めるのが名前の由来です。

ソメイヨシノの母親


花が沢山咲くので本種はたくさんの桜の母種とされています。代表的な桜である染井吉野(C. ×yedoensis cv. yedoensis)も本種とオオシマザクラ(大島桜、学名:Cerasus speciosa)から育種された園芸種です。

一般名:エドヒガン(江戸彼岸)、学名:Cerasus itosakura f. ascendens、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ類バラ目バラ科サクラ属、原産地:、生活型:落葉広葉高木、樹高:15~25 m、葉形:楕円形、葉身長:5~10cm、花色:薄紅~白、花弁形:5弁花、咲き方:一重、花径:3〜4㎝、開花期:3月下旬〜4月。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • エドヒガン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉広葉高木
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1500.0 ~ 2500.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花