エドヒガン

Cerasus itosakura f. ascendens

オオシマザクラと共にソメイヨシノの親

  • エドヒガン
  • エドヒガン
  • エドヒガン
  • エドヒガン
  • 花名
    エドヒガン
  • 学名
    Cerasus itosakura f. ascendens
  • 別名江戸彼岸, Edihigan
  • 原産地日本
  • 開花場所植物園, 低山, 公園
  • 開花期3月

エドヒガンとは

エドヒガン(江戸彼岸、学名:Cerasus itosakura f. ascendens)とは、バラ科サクラ属の落葉広葉高木「サクラ」の野生種です。
長寿で1000年を越える樹が多く残ってます。
ソメイヨシノより先の春分の頃(3月21日)頃に咲き始めます。
花は白~薄紅色、一重です。萼下部に球状の膨らみがあります。
代表的な桜であるソメイヨシノは、 このオオシマザクラと本種から育種された園芸種です。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • エドヒガン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉広葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1500.0 ~ 2500.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花