寒緋桜

Cerasus campanulata

桜シリーズ1.寒緋桜,早咲き桜

  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 寒緋桜
  • 花名
    寒緋桜
  • 学名
    Cerasus campanulata
  • 別名サクラ, sakura, cherry tree, 寒緋桜, 桜, campanulata, Kan-hizakura, かんひざくら, カンヒザクラ
  • 原産地日本、台湾、中国等
  • 開花場所植物園, 公園
  • 開花期1月, 2月, 3月
  • 花言葉あでやかな美人

寒緋桜とは

寒緋桜(カンヒザクラ、学名:Cerasus campanulata)は、日本、台湾、中国等が原産で、バラ科サクラ属の落葉広葉中低木「桜(サクラ)」の原種の一つです。以前は、緋寒桜(ヒカンザクラ)と呼ばれました。
3月中旬から咲き始める早咲き品種で、葉が開く前に花穂(散房花序)に鮮やかな紅色または緋色をした釣鐘型の中輪の花を下向きに10数輪まとめて咲かせます。
花は通常の桜花のようには開ききらず(平開しない)、俯きかげんに咲きます。雄蕊は長く花からはみ出します。花びら(花弁)ばかりでなくガク(萼)も緋色をしています。花が落ちるときは花びらは散らずそのままポトリと落ちます。樹姿はまとまりのある姿をしています。沖縄では1月中旬から下旬に開花します。
'オカメザクラ(おかめ桜、学名:Prunus incamp 'Okame')は、この寒緋桜豆桜から育種されました。
サクラを集めた「特集 桜」もご参照ください。

一般名:寒緋桜(カンヒザクラ、かんひざくら) 、学名:Cerasus campanulata(カンパヌラタ) 、別名:ヒカンザクラ(緋寒桜)、Campanulata(カンパヌラタ)、Kan-hizakura、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属サクラ亜属(Prunus subg. Cerasus )カンヒザクラ・グループ 、原産地:日本、台湾、中国他 、樹高:5m、葉質:厚くて硬い、葉形:長楕円形、葉色:緑色、葉縁:単鋸歯、葉柄長:短い(1.5cm以下)、花色:鮮やかな紅色/緋色、花冠:釣鐘型、花の咲き方:下向き、花径:1.5~2.5cm、中輪、開花期:早咲き、3月中旬~。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • カンヒザクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉広葉中小木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 500.0 cm
  • 花径1.5 ~ 2.5 cm

ランダムな花