マメザクラ

Cerasus incisa var. incisa

  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • マメザクラ
  • 花名
    マメザクラ
  • 学名
    Cerasus incisa var. incisa
  • 別名豆桜, フジザクラ, ハコネザクラ, 箱根櫻, 富士樱桃
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 植物園, 亜高山, 公園, 盆栽, 鉢花
  • 開花期3月, 4月, 5月

マメザクラとは

マメザクラ(学名:Cerasus incisa var. incisa)は、 サクラ(桜)の野生種の一種で、 花や樹高は大きくなりません。富士山や箱根に自生するので、別名でフジザクラ(富士桜)やハコネザクラ(箱根桜)とも呼ばれます。春、一重で白から淡紅色の小さな五弁花を下向きに咲かせます。大きくならず扱いやすいため盆栽樹として人気です。フユザクラ(冬桜)やウミネコ(海猫)など、園芸品種が多数育種されています。

一般名:マメザクラ(豆桜)、学名:Cerasus incisa var. incisa、 Prunus incisa、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属マメザクラ種、別名:フジザクラ(富士桜)、ハコネザクラ(箱根桜)、原産地:本州、関東、中部地方、富士山や箱根周辺の日本、分布:亜高山、生活型:耐寒性落葉広葉小中木 、樹高:1~10m、樹皮色:薄灰色、葉形:広楕円形、葉縁:欠刻状重鋸葉、両性花、放射相称花、花の大きさ:1~2cmの小輪、花色:白~淡紅色、咲き方:一重、 花の向き:下向き、開花期:3月下旬~5月上旬、果実色:暗赤色(成熟期)、用途:盆栽、庭植え、鉢植え。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • マメザクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    欠刻状
  • 生活型耐寒性落葉広葉小中木
  • 花の色白 桃
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径1.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花