ボタンボウフウ

  • ボタンボウフウ_img_0
    ボタンボウフウ @ 城ヶ崎海岸
  • ボタンボウフウ_img_1
    ボタンボウフウ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
ボタンボウフウ
英名
Peucedanum japonicum
学名
Peucedanum japonicum
別名
チョウメイソウ, 牡丹防風, 長命草, サクナ, Peucedanum japonicum
原産地
日本
生活型
海岸性常緑多年草の野草

コメント

ボタンボウフウとは

ボタンボウフウ(学名:Peucedanum japonicum)は、日本原産で、セリ科カワラボウフウ属の常緑多年草の野草です。夏に海岸で地味な白い集合花を咲かせます。ボタン(牡丹)のような葉を持ち、民間療法では風邪薬代わりにされました。それが花名の由来にもなっています。サクナ、またはチョウメイソウ(長命草)とも呼ばれます。ビタミンやカロチン、カルシウムを豊富に含む健康食品です。沖縄では天麩羅にして食べ、お茶にして飲みます。味はかなり苦いです。

一般名:ボタンボウフウ(牡丹防風)、学名:Peucedanum japonicum、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目セリ科カワラボウフウ属、別名:チョウメイソウ(長命草)、サクナ、食用防風、分布:関東以西〜九州、琉球諸島、環境:海岸、生活型:常緑多年、草丈:70~100 cm、葉形:2・3羽状複葉、葉序:互生、葉身長:10-20 cm、小葉形:へら状と倒卵形、葉縁:鋸歯、花序:複散形花序、花色:白、花冠:五弁花、花径:0.2-1.0 cm、開花期:7月〜9月、用途:野菜、民間療法、利用部位:葉と茎、栄養価:ビタミンA、B2、B6、E、β-カロテン、カルシウム、植物繊維、 調理方法:天麩羅、青汁、茶。

詳細情報

セリ
セリ
カワラボウフウ
ボタンボウフウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
海岸
開花時期
7月8月9月
高さ
70 ~ 100 [cm]
花径
0.2 ~ 1.0

アクセスランキング(日別)

ヒメヒオウギズイセン_img
ネズミモチ_img
オウコチョウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

ベニバナトチノキ_img
マルメロ_img
タツタナデシコ_img
ポドカルプス ネリイフォリウス_img
シラカシ_img
ハルシャギク_img
ヤマトリカブト_img
エビネ 薩摩紅_img
花菖蒲 白糸の滝_img
バーベナ_img
シュンオウテンニシキ_img
ノトリリオン・トムソニアヌム_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved