アロニア・メラノカルパ

  • アロニア・メラノカルパ_img_0
    アロニア・メラノカルパ @ 別府

基本情報

花名
アロニア・メラノカルパ
英名
Black chokeberry
学名
Aronia melanocarpa
別名
セイヨウカマツカ, チョークベリー, chokeberry, アロニア, Black chokeberry
原産地
北米生まれ、ロシアで育種改良
生活型
落葉低木

コメント

アロニア・メラノカルパとは

アロニア・メラノカルパ(学名:Aronia melanocarpa)は、原産地が北米でロシアが育種改良したバラ科カマツカ属の落葉低木です。日本のカマツカに似ています。 葉縁は、赤(春)→緑→黄/赤(秋)と変化します。新しく伸びた枝先に、春、複散房花序にたくさんの白い小さな五弁花を咲かせます小花は円形で椀状をしています。果実は6mm程で小さく黒熟します。 果実の形は縦に長い楕円形で先端に萼片が残しています。 果実を支える果柄は茶色地に疣状皮目が目立ちます。 用途は、果実をジャムやジュース、果実酒に、材は器具材、木は庭木や薪炭、 果実(鳥の食事)となります。

一般名:アロニア・メラノカルパ 、学名:Aronia melanocarpa、別名:セイヨウカマツカ(西洋鎌柄)、Black chokeberry、チョークベリー(chokeberry)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科アロニア属 アロニア・メラノカルパ種、原産地:北米、ロシアで育種改良、生活型:落葉低木、樹高:1~3m、樹皮色:暗灰色、樹皮特徴:縦皺が入る、葉質:紙状で両面とも無毛、  葉色:葉縁が赤(春)→緑→黄/赤(秋)、葉形:長楕円形で先が尖る、葉縁:細鋸歯有り、葉序:互生、花序形:散房花序、花色:白、小花の花弁数:5枚、小花の形:円形の椀型、雌蕊数:先端で3裂、雄蕊数:20本、開花期:4月~5月、果実型:核果、 果実形:縦に長い楕円形で先端に萼片が残る、果実色:赤→黒、果実長:6mm、果柄色:茶色地に疣状皮目が目立つ、備考:日本のカマツカは赤い実がなる。  用途:果実をジャムやジュース、果実酒に、材は器具材、木は庭木や薪炭、果実(鳥の食事) 、

詳細情報

バラ
バラ
アロニア
アロニア・メラノカルパ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
杯形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
果樹園
開花時期
4月5月
高さ
100 ~ 300 [cm]
花径
0.5 ~ 1

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

イヌツゲ_img
アツミゲシ_img
キンズ_img
バルトレッティナ・ソルディダ_img
バラ 'ザ プリンス'_img
アメリカスミレサイシン_img
マルメロ_img
ナツグミ_img
スギ_img
ホワイト・バット・フラワー_img
バラ 'ブライダルピンク'_img
リーガースベゴニア ボリアス_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved