アカゲウリ

  • アカゲウリ_img_0
    アカゲウリ @ 自宅

基本情報

花名
アカゲウリ
英名
Red cucumber
学名
Cucumis sativus 'akageuri'
別名
モーウィ, 毛瓜, 赤毛瓜
原産地
インド
生活型
蔓性一年草

コメント

アカゲウリとは

アカゲウリ(学名:Cucumis sativus 'Akageuri')はインド原産でウリ科の耐暑性・蔓性一年草です。日本へは中国から沖縄に伝来しました。古くは宮廷料理として使われていた夏野菜で、現在は沖縄や宮崎で栽培されています。沖縄では、モーウィと言います。蔓長は1〜2mで全草に毛が密生しています。長い葉柄の先に付く葉は掌状で浅い切れ込みがあります。葉は互生して付きます。花は黄色でカップ状に咲きます。花後に成る果実は円筒形で、長さ20〜30cmで、直径は7〜10cmあります。

一般名:アカゲウリ(赤毛瓜)、学名:Cucumis sativus 'Akageuri'、別名:モーウィ(沖縄語)、アカモーウイ(赤毛瓜)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ウリ目ウリ科キュウリ属、原産地:インド、日本への伝来:中国から沖縄へ、栽培地:沖縄、宮崎、生活型:蔓性一年草、蔓長:1〜2mで全草に毛が密生、葉形:掌状(心臓形で3浅裂)、葉柄:長い、葉序:互生、雌雄同株、雌雄異花、花径:2.5~4cm、花弁数:5、花色:黄色、開花期:通年、果実型:液果、果実長:20〜30cm、直径:7〜10cm、果実重:500g〜1Kg、果実形:円筒形、外皮色:赤茶、果肉色:白、用途:果実は食用野菜。収穫までの:播種後60日、収穫期:4月〜8月、味:未熟なスイカのような味で水分が多くシャキシャキ感がある、種周辺に酸味、使用部分:果実丸ごと、料理方法;サラダ、浅漬け、酢の物、炒め物、味噌煮、煮物、汁物、漬物、栄養価:ビタミンC、カリウム、備考:耐暑性のある沖縄の胡瓜古くは宮廷料理として使われていた夏野菜。

詳細情報

ウリ
ウリ
キュウリ
メロン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
杯形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
欠刻状
鑑賞場所
開花時期
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
2.5 ~ 4

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

グロキシニア・シルヴァティカ_img
ツヅラフジ_img
シラユキミセバヤ_img
ニゲラ・オリエンタリス_img
ミツバ_img
ハツユキソウ_img
フウチソウ_img
チューリップ・クリームパーフェクション_img
ツバキ コチョウワビスケ_img
ブルーハイビスカス_img
カロライナジャスミン_img
パセリ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved