サンチュ

  • サンチュ_img_0
    サンチュ @ 自宅

基本情報

花名
サンチュ
英名
Lactuca sativa
学名
Lactuca sativa l
別名
ツツミナ, 包み菜, Lactuca sativa, チマ・サンチェ, Sangchu, Korean lettuce
原産地
地中海沿岸、西アジア
生活型
一・二年草、野菜

コメント

サンチュとは

サンチュ(Sangchu、学名:Lactuca sativa l)は、地中海沿岸、西アジア原産で、キク科アキノノゲシ属の一・二年草で野菜として利用されます。レタス(ヂシャとも言う)の一種で、結球するものをタマヂシャ(玉萵苣)というのに対し、サンチュは結球しないタイプのカキヂシャ(掻き萵苣)です。グリーンレタス(Green Lettuce、学名:Lactuca sativa var. crispa)もサンチュと同じタイプです。葉は長楕円形で皺があり、オモテは緑色、ウラは薄緑色をしています。葉が成長するに従い、順次摘んで(掻いて)食用とするのでカキヂシャと呼ばれます。韓国料理で焼肉を包んで食べるのに使われます。味はサラダ菜に似ており、癖は殆どありません。

一般名:サンチュ(Sangchu)、学名:Lactuca sativa l、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科アキノノゲシ属チシャ種、別名:ツツミナ(包み菜)、チマ・サンチェ、Korean lettuce 、原産地:地中海沿岸、西アジア、草丈:20〜30 cm、花色:黄、花径:1〜2 cm、出荷期:一年中、葉色:緑、葉形:長楕円形で先端が尖る、葉質:縮みがある、用途:食用 調理方法:焼肉に巻いて。

詳細情報

キク
キク
アキノノゲシ
サンチュ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
舌状形
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
1 ~ 2

アクセスランキング(日別)

アガパンサス_img
カサブランカ_img
オウコチョウ_img
マーガレット_img

ランダムな花

キランソウ_img
ハンニャ_img
山紫陽花 'モダンタイムス'_img
コマツナ_img
カンパニュラ '鈴姫'_img
ホトケノザ_img
フヨウ_img
パラグアイオニバス_img
菊 国華火祭り_img
キクバオウレン_img
ワシントンヤシモドキ_img
テッポウユリ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved