ラッキョウ

  • ラッキョウ_img_0
    ラッキョウ @ 自宅
  • ラッキョウ_img_1
    ラッキョウ @ 不明

基本情報

花名
ラッキョウ
英名
Allium chinense
学名
Allium chinense
別名
オオニラ, Rakkyo , 大韮, らっきょう、辣韮
原産地
ヒマラヤ地方
生活型
球根植物(多年草)

コメント

ラッキョウ(辣韮、学名:Allium chinense)は、ヒマラヤ地方原産で、ヒガンバナ科ネギの多年草(球根植物)です。 秋に、花茎の先端から伸びた花序に赤紫色の小花を10数輪咲かせます。茎が野菜となります。成分にアリシンが含まれるので、辛味と臭いが強烈です。同属に、茎が細長く球根が小さく、収穫は早めのシマラッキョウ(島らっきょう、島辣韮)があります。

一般名:ラッキョウ(らっきょう、辣韮)、学名:Allium chinense、別名:オオニラ(大韮)、サトニラ(里韮)、Rakkyo 、APG植物分類体系:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科ネギ属ラッキョウ種 原産地:ヒマラヤ地方(中国)、 生産地:日本の生産地は鳥取砂丘(鳥取県)、三里浜(福井県)、草丈:30~60 cm 、葉形:細長い線形で、柔らかく中空で常緑、葉序:リンケイ(鱗茎)から叢生、花色:赤紫、開花期:10月、花序形:散形花序、鱗茎形:卵状、長楕円形状、鱗形色:白、収穫期:6月~7月、味:特有の臭いがある、 成分:カリウム、硫化アリル、効能:「硫化アリル」はガン抑制と、糖質と乳酸蛋白等の分解に役立つ「ビタミンB1」の効果を高め抗菌作用がある。

特記1:「カリウム」はナトリウムの排泄を促進し高血圧の予防となる。
特記2:ラッキョウの外側の半透明な膜はリンヨウ(鱗葉)、
特記3:イトラッキョウ(学名:A. virgunculae)は同属で長崎県の固有種。花色は薄赤紫色。
特記4:エシャレットはラッキョウの軟白種。

詳細情報

キジカクシ
ヒガンバナ
ネギ
ラッキョウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
6弁花
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, 紫
開花時期
10月
高さ
30 ~ 60 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

アスナロ_img
デンドロキラム・コビアナム_img
オウコチョウ_img
ビロードサンシチ_img

ランダムな花

サワグルミ_img
熱帯睡蓮 ’ミセスエドワードホイテッカー’_img
カロライナジャスミン_img
アイチアカ_img
リュウキュウアセビ_img
イエロー・アコナイト_img
ミニバラ 'フォーエバー'_img
ウラジロモミ_img
ソケイノウゼン_img
ヒカゲヘゴ_img
フリーセア・ヒエログリフィカ_img
ウバメガシ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved