コウヨウザン

  • コウヨウザン_img_0
    雌花
    コウヨウザン @ 京都府立植物園
  • コウヨウザン_img_1
    球果
    コウヨウザン @ 京都府立植物園
  • コウヨウザン_img_2
    球果
    コウヨウザン @ 京都府立植物園
  • コウヨウザン_img_3
    コウヨウザン @ 京都府立植物園
  • コウヨウザン_img_4
    コウヨウザン @ 神代植物公園

基本情報

花名
コウヨウザン
英名
Chinese fir tree
学名
Cunninghamia lanceolata
別名
カントンスギ, リュウキュウスギ, オランダモミ, 琉球杉, 阿蘭陀樅, 広葉杉, 関東杉
原産地
中国
生活型
常緑針葉樹の高木

コメント

コウヨウザンとは

コウヨウザン(広葉杉、学名:Cunninghamia lanceolata)は、中国を代表する杉として知られるヒノキ科コウヨウザン属の常緑針葉高木です。幹は直立し、樹冠は広円錐形をしています。樹皮は黒褐色で縦に裂けます。扁平な葉は長披針形で先端が鋭どく尖り2列羽状複葉を成しています。葉縁には細かい鋸歯が有ります。雌雄同株で雄花は枝先に群生し、雌花は単生します。春に開花し、秋に卵球形の堅果がなります。緑色の果実は熟すと褐色になり枝ごと落下します。公園樹や神社の木として植えられますが、材は脆いので日本では建築材料には使われず、白蟻に強いことから家具材とされます。

一般名:コウヨウザン(広葉杉)、学名:Cunninghamia lanceolata、別名:カントンスギ(関東杉)、リュウキュウスギ(琉球杉)、オランダモミ(阿蘭陀樅)、分類名:植物界球果植物門マツ綱マツ目ヒノキ科(スギ科)コウヨウザン属、原産地:中国、生活型:常緑針葉樹の高木、成長:早いため密度が低く折れやすい、樹冠:広円錐形、幹:直立、樹高:20〜30 m、幹の直径:1 m、樹皮:黒褐色で縦に裂ける、葉色:濃緑色、葉形:長披針形、葉序:互生、葉身:3〜6 cm、葉形:扁平・長披針形、先端が鋭利で2列羽状複葉、葉縁:細かい鋸歯有、開花期:4月、雌雄同株、雌雄異花、花序径:5~6 cm、雄花:枝先に頭状花序を伸ばし薄茶色の筒状花(長楕円形)を群生、雄花長:1 cm、雌花:枝先に頭状花所を伸ばし単生で黄緑色の卵状球形、雌花長:3~4 cm、果実:硬果、果実形:卵球形で翼有、結実期:10月ー11月、球果:3〜5 cmで熟すと枝ごと落下。折れた枝から芽が出る。球果色:緑→褐色、種子:扁平かつ楕円形で黄褐色で翼がある(1果鱗3個)、備考:杉に似た幅広の葉を持つ、用途:公園樹、神社樹、家具(白アリに強いが材の密度が低い)。

詳細情報

マツ
ヒノキ
コウヨウザン
コウヨウザン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
植物園
緑, 橙
開花時期
4月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
5 ~ 6

アクセスランキング(日別)

キク_img
フクギ_img
ルリハナガサモドキ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

カトレア_img
サクラ_img
マイタケ_img
スイゼンジナ_img
レンギョウ_img
ヒスイカズラ_img
ヒマワリ マンチキン_img
ウマノアシガタ_img
ハクサンタイゲキ_img
ラシュナリア・ナマクエンシス_img
エゾノヨモギギク_img
ノリウツギ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved