サルスベリ

秋の紅葉

  • サルスベリ_img_0
    サルスベリ @ 国立歴史民俗博物館 'くらしの植物苑'
  • サルスベリ_img_1
    サルスベリ @ 城ヶ崎海岸
  • サルスベリ_img_2
    サルスベリ @ 木場公園
  • サルスベリ_img_3
    サルスベリ @ 木場公園
  • サルスベリ_img_4
    サルスベリ @ 木場公園
  • サルスベリ_img_5
    サルスベリ @ 木場公園
  • サルスベリ_img_6
    サルスベリ @ 日比谷公園
  • サルスベリ_img_7
    サルスベリ @ 日比谷公園
  • サルスベリ_img_8
    サルスベリ @ 日比谷公園

基本情報

花名
サルスベリ
英名
Lagerstroemia Indica
学名
Lagerstroemia indica
別名
ヒャクジツコウ, 百日紅, サルスベリ, Crape-myrtle, Lagerstroemia indica
原産地
中国南部
生活型
落葉中高木

コメント

サルスベリとは

サルスベリ(百日紅、学名:Lagerstroemia indica)は、中国原産で、ミソハギ科サルスベリ属の落葉中高木です。クレープ・マートル(Crape myrtle)や、ヒャクジツコウ(百日紅)とも呼ばれます。和名は、樹皮が薄く剥げやすく木肌がツルツルしており木登りが上手なサル(猿)でも滑ってしまうというということから付けられました。百日紅とは、紅色の花が7月~9月にかけて長期間(百日、3ヶ月間)咲くことによる漢名に基づきます。夏に、円錐花序を伸ばし、薄桃色や桃色、赤紫、白花を多数咲かせます。日本へは江戸時代に伝来しました。萼は6つに裂け、花は縮緬状の6弁花です。葉の付き方は、2対互生、または対生です。通常、互生とは枝に葉が1枚右側についたら、次に左側に1枚付きます。しかしサルスベリの場合、2枚互生の場合は2枚の葉が右側に付き、次に2枚の葉が左側に付くという珍しい葉の付き方をします。花後に緑色の球形の果実が成り、秋に熟して茶色となり中に多数の種子ができます。葉は秋に紅葉します。幹や枝にも趣があり盆栽や床の間、杖などにも利用されます。サルスベリ・チカソー(百日紅Chickasaw)は矮性品種です。一才サルスベリは種子を蒔いた年に開花する低性品種です。

一般名:サルスベリ(百日紅)、学名:Lagerstroemia indica(ラジェルストレミア・インディカ)、別名:ヒャクジツコウ(百日紅)、クレープ・マートル(Crape myrtle)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱フトモモ目ミソハギ科サルスベリ属、原産地:中国南部、環境:日当たりの良い、水捌けの良い土地、樹高:3~10 m、樹形:やや曲がる性向、樹皮色:薄褐色〜赤褐色、樹皮厚:薄い、葉長:5 cm 葉形:倒卵形 葉柄:無い(超短) 鋸歯:無し(全縁) 、葉の付き方:2対互生(2枚ずつ互生)、または対生、開花期:7月~9月、花径:6 cm、花色:桃・薄桃・白・赤・赤紫、花弁数:6枚で縮緬状、花序:円錐花序、果実形:楕円~球形、果実の種類:朔果、果実径:0.7 cm、用途:庭木、庭園木、街路樹、寺院、床の間、杖。

詳細情報

フトモモ
ミソハギ
サルスベリ
サルスベリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
墓地・寺院公園街路、植栽
赤, ピンク, 紫, 白
開花時期
7月8月9月
高さ
300 ~ 1000 [cm]
花径
5 ~ 6

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
レブンキンバイソウ_img
レブンシオガマ_img
ガジュマル_img

ランダムな花

バナナ_img
オオバコチチコグサ_img
ミディコチョウラン 'ナオミゴールド'_img
ムカゴイラクサ_img
ラシュナリア・ナマクエンシス_img
アメリカシャガ_img
ムシカリ_img
アサガオ '万博藤霞絞り'_img
アローカリア チリマツ_img
ハンノキ_img
ネリネ_img
ナミキソウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved