ヒイラギナンテン

  • ヒイラギナンテン_img_0
    ヒイラギナンテン @ 千代田区内
  • ヒイラギナンテン_img_1
    ヒイラギナンテン @ 清水谷公園
  • ヒイラギナンテン_img_2
    ヒイラギナンテン @ 谷津干潟

基本情報

花名
ヒイラギナンテン
英名
Berberis japonica
学名
Berberis japonica
別名
トウナンテン, 柊南天, 唐南天
原産地
中国、ヒマラヤ、台湾
生活型
常緑広葉低木

コメント

ヒイラギナンテンとは

ヒイラギナンテン(柊南天、学名:Berberis japonica)は、メギ科ヒイラギナンテン属の常緑広葉低木です。葉はヒイラギに似てトゲトゲしており、木姿はナンテンに似ています。常緑ですが、冬の寒さで紅葉します。葉は、厚く皮質で光沢があり、奇数羽状複葉で互生して付き、葉縁に深い鋸歯があります。冬~初春に、総状花序を伸ばし黄色い小花を咲かせます。秋に黒熟する果実の表面には白い粉状のものが付着します。

一般名:ヒイラギナンテン(柊南天)、学名:Berberis japonica、シノニム:Mahonia japonica、別名:トウナンテン(唐南天)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲメギ科メギ属ヒイラギナンテン属、原産地:中国、ヒマラヤ、台湾、樹高:1〜1.5 m、花序形:総状花序、花色:黄、開花期:3〜4月、花序長:10〜15 cm、果実長:0.7 cm、果実:液果、果実色:青熟、用途:庭木、公園樹。

詳細情報

キンポウゲ
メギ
メギ
ヒイラギナンテン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
奇数羽状複葉
葉の縁
棘状
鑑賞場所
開花時期
3月4月
高さ
100 ~ 150 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
レブンキンバイソウ_img
レブンシオガマ_img
ガジュマル_img

ランダムな花

タチバナ_img
オジギソウ_img
エクメア・ファスキアタ_img
ステファニア・ベノサ_img
ミズキンバイ_img
マーガレット・キューティーマイス_img
イチジク_img
ツバキ ゴシキカラニシキ_img
ヘリオトロープ_img
ウバユリ_img
額紫陽花 フラウオチョウ_img
アイラトビカズラ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved