ヒイラギナンテン

Berberis japonica

  • ヒイラギナンテン
  • ヒイラギナンテン
  • ヒイラギナンテン
  • ヒイラギナンテン
  • ヒイラギナンテン
  • ヒイラギナンテン
  • 花名
    ヒイラギナンテン
  • 学名
    Berberis japonica
  • 別名トウナンテン, 柊南天, 唐南天
  • 原産地中国、ヒマラヤ、台湾
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月

ヒイラギナンテンとは

ヒイラギナンテン(柊南天、学名:Berberis japonica)は、メギ科ヒイラギナンテン属の常緑広葉低木です。葉はヒイラギに似てトゲトゲしており、木姿はナンテンに似ています。常緑ですが、冬の寒さで紅葉します。葉は、厚く皮質で光沢があり、奇数羽状複葉で互生して付き、葉縁に深い鋸歯があります。冬~初春に、総状花序を伸ばし黄色い小花を咲かせます。秋に黒熟する果実の表面には白い粉状のものが付着します。

一般名:ヒイラギナンテン(柊南天)、学名:Berberis japonica、シノニム:Mahonia japonica、別名:トウナンテン(唐南天)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲメギ科メギ属ヒイラギナンテン属、原産地:中国、ヒマラヤ、台湾、樹高:1〜1.5 m、花序形:総状花序、花色:黄、開花期:3〜4月、花序長:10〜15 cm、果実長:0.7 cm、果実:液果、果実色:青熟、用途:庭木、公園樹。


  • キンポウゲ
  • メギ
  • メギ
  • ヒイラギナンテン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    かぶと状/有距形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    棘状
  • 生活型常緑広葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 150.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花