ピンオーク

  • ピンオーク_img_0
    ピンオーク @ 神代植物公園

基本情報

花名
ピンオーク
英名
Quercus palustris
学名
Quercus palustris
別名
アメリカガシワ, Pin oak, Quercus palustris, Swamp oak, Water oak, Swamp Spanish oak
原産地
カナダ、北米
生活型
落葉性広葉高木

コメント

ピンオークとは

ピンオーク(Pin oak、学名:Quercus palustris)はカナダ、北米原産で、ブナ科コナラ属の落葉性広葉高木です。幹は直立し、よく分枝して樹形はピラミッド型になります。葉はユニークな形をしており、長楕円形の葉縁が不規則に7〜9深裂し、葉間の形がU字型をしています。秋に深紅色に紅葉する北米産レッドオークの仲間です。春に、葉が出ると同時に、葉腋から雌花と雄花を咲かせます。雄花序は尾状に長く垂れ下がり、雌花序は短く当年枝の葉腋に付けます。いずれの花も花弁が無く、蕊だけです。小さなドングリは球形をしており黒と茶色の縞が交互に出ます。pinとは杭のことで、材が杭として牧場で使用されることに拠ります。

一般名:ピンオーク(Pin oak)、学名:Quercus palustris、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ブナ目ブナ科コナラ属、別名:アメリカガシワ(America柏)、アメリカナラ(America楢)、Swamp oak、Water oak、Swamp Spanish oak、原産地:カナダ、北米、環境:沼沢地、生活型:落葉高木、樹高:20〜30 m、樹形:良く分枝してピラミッド形、幹:直立、木肌:灰黒褐色で縦に裂け目多数、材:重硬だが小さな節が多数ある、葉形:長楕円形で裂欠がU型となる、葉質:薄い、葉色:緑から秋に紅葉、葉身:10〜20 cm、葉縁:不規則に7〜9深裂、葉序:互生、葉脈:明瞭、葉柄:長い、開花期:4月〜5月、咲く場所:葉腋から雄花と雌花を別々に出す、花弁:雌雄いずれも無し、花色(雄蕊):緑→黄色、雄花序:尾状花序、果実:硬果(どんぐり)、果実形:球形。黒と茶の縦縞が交互、ドングリ長さ:1.5 cm、ドングリ帽子(殻斗):浅く、直径は1.7 cm、用途:建築材、燃料、街路樹、公園樹、備考:秋に深い紅色になる北米産レッドオークの仲間。

詳細情報

ブナ
ブナ
コナラ
ピンオーク
花のタイプ
その他
花の配列
尾状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鑑賞場所
植物園北海道公園街路、植栽
緑, 黄
開花時期
4月5月
高さ
2000 ~ 3000 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
ゴジアオイ_img

ランダムな花

シモバシラ_img
センリョウ_img
菊 彩胡優美_img
ゴクラクチョウカ_img
ツンベルギア・グランディフローラ_img
チダケサシ_img
ホオベニエニシダ_img
モモヤマダイコン_img
シモクレン_img
菊 開龍秋峰_img
花菖蒲 鶴の毛衣_img
アリウム・ギガンテウム_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved