ホタルヒバ

  • ホタルヒバ_img_0
    ホタルヒバ @ 小石川植物園

基本情報

花名
ホタルヒバ
英名
Golden threadleaf sawara cypress
学名
Chamaecyparis pisifera cv. plumosa aurea
別名
ニッコウヒバ, オウゴンシノブヒバ, Golden threadleaf sawara cypress, 蛍檜葉, 黄金忍檜葉, 日光檜葉
原産地
日本(サワラの園芸品種)
生活型
常緑小木

コメント

ホタルヒバとは

ホタルヒバ(蛍檜葉、学名:Chamaecyparis pisifera cv. Plumosa Aurea)は日本原産で、ヒノキ科ヒノキ属サワラ種の常緑高木「サワラ(椹椹、学名:Chamaecyparis pisifera)」の矮性の園芸品種です。別名でニッコウヒバ(日光檜葉)や、オウゴンシノブヒバ(黄金忍檜葉)、Golden threadleaf sawara cypressとも呼ばれます。’黄金忍檜葉’と呼ばれるのは、葉が黄金色に見えることに拠ります。葉が密につき、夏に葉先に付く萌芽が黄金色なので斑入りのように見えます。葉は日蔭では緑色ですが、冬には黄金色になります。葉裏に白い気孔帯があります。春に、花を咲かせます。庭木や生垣、公園樹に用いられます。

一般名:ホタルヒバ(蛍檜葉)、学名:Chamaecyparis pisifera cv. Plumosa Aurea、分類名:植物界裸子植物マツ綱ヒノキ目ヒノキ科ヒノキ属サワラ種オウゴンシノブヒバ品種、別名:ニッコウヒバ(日光檜葉)、オウゴンシノブヒバ(黄金忍檜葉)、Golden threadleaf sawara cypress 、原産地:日本(サワラの栽培品種)、分布:北海道〜九州、生活型:常緑低木、成長:早い、樹高:2~5 m(サワラは常緑高木15 m)、樹形:円錐形、葉色:黄金色(冬)、緑(日蔭)、白い気孔帯(葉裏)、 雌雄異花、花の出る場所:小枝の先に単生、開花期:5月、果実形:球果、用途:庭木、生垣、公園樹。

詳細情報

マツ
ヒノキ
ヒノキ
サワラ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
公園
緑, 橙
開花時期
5月
高さ
200 ~ 500 [cm]
花径
0.3 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
キク_img
マンゴー_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

オオバコ_img
ギンヨウセンネンボク_img
球根ベゴニア  'イエローローズフォーム'_img
アカザカズラ_img
アフェランドラ・ダニア_img
シュッコンカスミソウ_img
シマクモキリソウ_img
アマドコロ_img
ガンコウラン_img
ユリ 'Yウィン'_img
変化朝顔 黄縮緬竜田葉鳩葉色台咲_img
ナガバビカクシダ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved