シャリンバイ

  • シャリンバイ_img_0
    シャリンバイ @ 猿江恩賜公園
  • シャリンバイ_img_1
    シャリンバイ @ 横浜・八景島シーパラダイス
  • シャリンバイ_img_2
    シャリンバイ @ 横浜・八景島シーパラダイス
  • シャリンバイ_img_3
    シャリンバイ @ 横浜・八景島シーパラダイス
  • シャリンバイ_img_4
    シャリンバイ @ 城ヶ崎海岸
  • シャリンバイ_img_5
    シャリンバイ @ 横浜・八景島シーパラダイス
  • シャリンバイ_img_6
    シャリンバイ @ プラザ元加賀
  • シャリンバイ_img_7
    シャリンバイ @ プラザ元加賀
  • シャリンバイ_img_8
    シャリンバイ @ プラザ元加賀
  • シャリンバイ_img_9
    シャリンバイ @ 東京都立大島公園
  • シャリンバイ_img_10
    シャリンバイ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
シャリンバイ
英名
Rhaphiolepis umbellata
学名
Rhaphiolepis indica var. umbellata
別名
ラフィオレピス, 車輪梅, Rhaphiolepis
原産地
日本、韓国
生活型
常緑低木

コメント

シャリンバイとは

シャリンバイ(車輪梅、学名:Rhaphiolepis indica var. umbellata)は日本原産でバラ科シャリンバイ属の常緑低木です。小枝が輪生状に出て、葉が車輪上に互生して付きます。春に枝先から伸びた散形花序花に、白~薄紅色のウメ(梅)に似た五弁花を咲かせます。和名は上記の理由で付けられました。花中央にある雄蕊は最初黄色で花粉を出すと赤くなります。
晩夏から秋に、黄緑色の球形の果実を成らせ、その後、黒熟します。沖縄諸島では、テーチ木と呼ばれ、濃茶色の染料となります。糸芭蕉をこれで色付けた絣が芭蕉布として知られます。以前はマルバシャリンバイとシャリンバイを分けていましたが、現在は同じ花として扱われます。

一般名:シャリンバイ(車輪梅)、学名:シャリンバイ(Rhaphiolepisindicavar.umbellata、別名:ラフィオレピス(Rhaphiolepis)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科シャリンバイ属、原産地:日本、韓国、環境:海岸の岩場、樹高:1ー4 m、葉形:幅広の倒卵形から長楕円形、葉身長:5~8 cm、葉幅:3 cm、葉色:薄緑色、葉質:光沢のある皮質、葉縁:浅い鋸歯有、葉序:車輪状に互生して付く、両性花、開花期:4月~6月、花径:1~1.5 cm、花色:白・淡紅色、花冠形:五弁花、花弁数:5枚、花弁形:倒卵形、雄蕊数:20、顎筒形:漏斗状、果実径:1 cm、果実形:球形、結実期:8月―9月(黄緑色地をした果実の表面に少し紫色が乗っている状態)、10月―11月(黒熟)、種子数:1個、種子径:0.8 cm、用途:公園樹、庭木、黒褐色の染料、生薬、器具材。

詳細情報

バラ
バラ
シャリンバイ
シャリンバイ
花言葉
純真 / Pure ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
海岸
ピンク, 白
開花時期
4月5月6月
高さ
100 ~ 400 [cm]
花径
1 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

アンゲロニア・セレナ_img
ブラシノキ_img
キク_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ホルトノキ_img
イワイチョウ_img
ナンブアザミ_img
キバナカエンボク_img
レリア・ウンドゥラタ_img
ブナ_img
芍薬 白妙_img
トキイロヒラタケ_img
ピタンガ _img
スズムシソウ_img
ユウギリソウ_img
アフリカハマユウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved