マンゴー

  • マンゴー_img_0
    マンゴー @ 帯広(北海道)
  • マンゴー_img_1
    マンゴー @ 帯広(北海道)
  • マンゴー_img_2
    マンゴー @ 青島亜熱帯植物園
  • マンゴー_img_3
    マンゴー @ 不明
  • マンゴー_img_4
    マンゴー @ 青島亜熱帯植物園
  • マンゴー_img_5
    マンゴー @ 青島亜熱帯植物園
  • マンゴー_img_6
    マンゴー @ OKINAWAフルーツらんど
  • マンゴー_img_7
    マンゴー @ 沖縄本島
  • マンゴー_img_8
    マンゴー @ 宮崎県

基本情報

花名
マンゴー
英名
Mango
学名
Mangifera indica l.
別名
Mango, 檬果, 芒果
原産地
インド~ミャンマー、マレーシアなどインドシナ半島原産
生活型
熱帯性常緑高木、果樹

コメント

マンゴーとは

マンゴー(学名:Mangifera indica)は、インドシナ半島原産で、ウルシ科マンゴー属の熱帯性常緑高木の果樹です。幹は良く分枝し樹形はドーム状になります。葉は長楕円形をしています。枝先から伸びた円錐花序に黄緑色の小花を500~2000輪ほど集合させてつけます。 小花には単性花と両性花が混ざっています。 花後に成る果実は食用となります。果実の形には、丸形や、倒卵形、長楕円形があります。 果皮色は、赤または黄、緑があります。扁平で大きな種が中央にあります。南国を代表する果実で、生食や、ジュースの他、プリンやマンゴーチャツネ、 ジャム、ドライフルーツ等の加工品にして食用とされます。
マンゴーの花言葉ならぬ実言葉は、品種によって異なります。アーウィン種は、美人・柔和、ヘイデン種は、甘いささやき、カラバオ種は魅了・芳潤、ケント種は、歓び・熱意とされます。
マンゴーの画像や情報は、右記のかぎけんWEBにもあります。https://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-mango_large.html">

一般名:マンゴー(Mango)、学名:Mangifera indica L. 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ウルシ科マンゴー属、
原産地:インド、ミャンマー、マレーシアなどのインドシナ半島、樹高:1.5m(鉢植え)、20m~40m以上(現産地)、葉形:長楕円形、葉身長:15~30cm、 葉色:赤褐色(若葉)→緑、雌雄同株で雄花と両性花が混在、花序形:複数総状花序、花色:黄緑色、花径:0.6~0.8cm、花序当たり花数:500~2000輪、開花期:3月~5月、受粉:虫媒花、自家結実性、果実型:核果、収穫期:5月~10月、果実重量:50~500g、品種:愛文(アップルマンゴー)、ペリカンマンゴー。

詳細情報

ムクロジ
ウルシ
マンゴー
マンゴー
花言葉
美人 / Beauty ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室(亜)熱帯地域
紫, 黄
開花時期
3月4月5月
高さ
150 ~ 4000 [cm]
花径
0.6 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ボダイジュ_img
モカラ_img
ギンヨウセンネンボク_img

ランダムな花

マウイ・ワームウッド_img
サクラ_img
花菖蒲 ’朝神楽’_img
チャラン_img
ウメ フジボタン_img
イエライシャン_img
クロホウシ_img
ヒヨス_img
トレニア_img
サルビア レウカンサ 'フェアリーピンク'_img
ヤマブキソウ_img
ベチバー_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved