かぎけん花図鑑

ムッサエンダ・ドナルス

基本情報
花名
ムッサエンダ・ドナルス
英名
Mussaenda 'Dona Luz'
学名
Mussaenda cv. dona luz
別名
ムッサエンダ, Mussaenda, 緋衣崑崙花, Summer poinsettia, Mussaenda Dona Luz
原産地
園芸品種
生活型
非耐寒性常緑低木
コメント
ムッサエンダ・ドナルス(学名:Mussaenda cv. Dona Luz)は、フィリピン、ニューギニア原産で、アカネ科コンロンカ属の非耐寒性常緑低木「ムッサエンダ・フィリピカ(Mussaenda philippica)から作出された園芸品種です。薄紅色~橙色の大きな花弁のように見えるものは萼が変化した苞葉で、ドナルスは5枚の萼が全て大きく肥大する品種です。本当の花は、小さな黄色い漏斗状で先端が星形に5深裂したものです。花名は、フィリピン共和国第7代大統領 Ramon Magsaysay氏の夫人(Luz Banzon Magsaysay)への献名です。ムッサエンダ・マグサイサイ(Mussaenda cv. Magsaysay)とも呼ばれます。
別科別属(トウダイグサ科トウダイグサ属)の、ポインセチア(Poinsettia)と似ています。
一般名:ムッサエンダ・ドナ・ルス、学名:Mussaenda cv. Dona Luz、(又は、Mussaenda cv. Magsaysay)、別名:ムッサエンダ(Mussaenda)、サマーポインセチア(Summer poinsettia)、ヒゴロモコンロンカ(緋衣崑崙花)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科コンロンカ属(ムッサエンダ属)、原産地:園芸品種、樹高:1.5〜3 m、葉形:楕円形、花色(実際には、萼色):薄紅色、萼片形:倒卵形、花径(本当の花の):1~1.5 cm、開花期:5月〜10月、用途:公園樹、街路樹。
詳細情報
リンドウ
アカネ
コンロンカ
ムッサエンダ・ドナルス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
複集散花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域 園芸品種
開花時期
5月 6月 7月 8月 9月 10月
高さ
150  ~ 300  [cm]
花径
1  ~ 1.5