ハナニラ

  • ハナニラ_img_0

    ハナニラ @ 城ヶ崎海岸

  • ハナニラ_img_1

    ハナニラ @ 城ヶ崎海岸

  • ハナニラ_img_2

    ハナニラ @ 木場公園

  • ハナニラ_img_3

    ハナニラ @ 木場公園

  • ハナニラ_img_4

    ハナニラ @ 城ヶ崎海岸

  • ハナニラ_img_5

    ハナニラ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
ハナニラ
英名
spring starflower
学名
Ipheion uniflorum
別名
Ipheion, spring starflower, セイヨウアマナ, spring star, 花韮, 西洋甘菜, スプリングスターフラワー, hananira
原産地
メキシコなど南米
生活型
球根性多年草

コメント

名前は同じですが、このハナニラは、食用のハナニラとは別種で食べられません。

ハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum)は、メキシコなど南米原産でヒガンバナ科ハナニラ属の球根性多年草の帰化種です。春に韮のような線形の葉から細い花茎を伸ばし、その先に漏斗状で先端が6裂した青花や白花を咲かせます。葉や鱗茎は葱臭がします。植え込みなどで花を観賞します。黄色い花を咲かせる「キバナハナニラ(黄花花韮)」もあります。

一般名:ハナニラ(花韮)、学名:Ipheion uniflorum(イフェイオン) 、別名:セイヨウアマナ(西洋甘菜) 、Ipheion(イフェイオン)、スプリングスターフラワー、spring star、APG植物分類体系:植物界被子植物単子葉類キジカクシヒガンバナ科ハナニラ属ハナニラ種、原産地:メキシコなど南米 生活型:球根性多年草、環境:草地、草丈:10~20cm、単子葉植物、葉形:肉厚で扁平な広線形 葉長:10~20cm、葉縁:全縁、放射相称花、単頂花序、花弁:基部が漏斗状で先端は六弁で平開(内花被3枚+外花被3枚ずつ) 花期:2月-4月、果実型:蒴果。注記:名前は同じですが、食用となるものとは異なります。

詳細情報

キジカクシ
ヒガンバナ
ハナニラ
ハナニラ
花言葉
愛しい人 / Dear people
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
広線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
青, 白
開花時期
2月3月4月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
3 ~ 3

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved