キバナハナニラ

  • キバナハナニラ_img_0

    キバナハナニラ @ 箱根湿生植物園

基本情報

花名
キバナハナニラ
英名
Ipheion sellowianum
学名
Ipheion sellowianum
別名
イフェイオン・セロウィアナム, 黄花花韮, Ipheion sellowianum, false yellow crocus
原産地
ウルグアイなど南米
生活型
球根性多年草

コメント

キバナハナニラ(黄花花韮、学名:Ipheion sellowianum)は、ウルグアイなどの南米原産で、ヒガンバナ科 ハナニラ属の球根性多年草です。葉は韮のような線形です。葉や鱗茎は葱臭がします。春、葉の間から、細い花茎を伸ばし先端に黄色い花を咲かせます。花は基部が漏斗状で先端は星状に開きます。クロッカス(Crocus)の黄花と似ているので、英名で、false yellow crocus と呼ばれます。クロッカスの方が葉が短くて細いです。白花を咲かせるハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum)の方が一般的です。

一般名:キバナハナニラ(黄花花韮) 、学名:Ipheion sellowianum、シノニム:Tristagma sellowianum 、Brodiaea uniflora、別名:Ipheion sellowianum(イフェイオン・セロウィアナム)、false yellow crocus 、黄花花韮、Ipheion sellowianum、Kibana-no-hananila、flower scallion、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目ヒガンバナ科 ハナニラ属キバナハナニラ種、原産地:ウルグアイなど南米 、生活型:球根性の多年草、草丈:10〜20cm、葉色:緑、葉長:10〜15cm、葉形:狭線形、花弁数:6枚 内花被:3枚、外花被:3枚、花期:3月〜4月、果実:朔果、花色:黄色 花径:5cm前後、学名の由来:イフェイオン属(ハナニラ属)の仲間で、ドイツの植物学者F.Sellow氏に献名されました。

詳細情報

キジカクシ
ヒガンバナ
ハナニラ
キバナハナニラ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
3月4月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
4 ~ 6

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved