イブキシモツケ

  • イブキシモツケ_img_0
    イブキシモツケ @ 筑波実験植物園
  • イブキシモツケ_img_1
    イブキシモツケ @ 筑波実験植物園

基本情報

花名
イブキシモツケ
英名
Spiraea dasyantha
学名
Spiraea dasyantha
別名
伊吹下野, キシモツケ, Japanese Spirea, 木下野
原産地
日本
生活型
亜高山、小低木

コメント

イブキシモツケとは

イブキシモツケ(伊吹下野、学名:Spiraea dasyantha) は、日本原産で、バラ科シモツケ属の小低木です。茎先から伸びた散房花序に多数のコデマリ(小手毬、学名:Spiraea cantoniensis)に似た半球状の花を咲かせます。花は丸味があり白い小さな五弁花で芳香があります。和名は、伊吹山で最初に発見されたシモツケ(下野、学名:Spiraea japonica)と言うことに拠ります。開花期は5月~6月で、下野(S. japonica)より早く咲きます。

一般名:イブキシモツケ(伊吹下野)、学名:Spiraea dasyantha、別名:キシモツケ(木下野)、Japanese Spirea、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科シモツケ属、原産地:日本、生息分布:日本の近畿以西、環境:石灰岩の山地の崖、生活型:小低木、樹高:100~150 cm、樹皮:灰褐色、葉質:硬い、葉形:卵形・長楕円形、葉序:互生、葉長:4 cm、葉幅:2 cm、葉縁い:鋸歯有り、放射相称花、花序形:散房花序、花序長:3 cm、花色:白、花径:0.5~0.7 cm、開花期:5月~6月、花弁数:5枚、
果実:袋果、果実長:0.2 cm、果期:7月~8月。

詳細情報

バラ
バラ
シモツケ
イブキシモツケ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
亜高山
開花時期
5月6月
高さ
100 ~ 150 [cm]
花径
0.5 ~ 0.7

アクセスランキング(日別)

キク_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

アニスヒソップ_img
オリエンタルハイブリッド 'ベルガモ'_img
ナワシログミ_img
パンダカンアオイ_img
キンミズヒキ_img
アリストロキア・サルバドレンシス_img
フタバアオイ_img
ヤマユリ_img
ギンリョウソウ_img
山紫陽花 'マイコアジサイ'_img
スカシユリ'エロディ'_img
額紫陽花 フラウオチョウ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved