コデマリ

  • コデマリ_img_0
    コデマリ @ 木場公園
  • コデマリ_img_1
    コデマリ @ 木場公園
  • コデマリ_img_2
    コデマリ @ 木場公園
  • コデマリ_img_3
    コデマリ @ 葛西臨海公園
  • コデマリ_img_4
    コデマリ @ 木場公園
  • コデマリ_img_5
    コデマリ @ 葛西臨海公園

基本情報

花名
コデマリ
英名
Reeve's spiraea
学名
Spiraea cantoniensis
別名
テマリバナ, 小手毬, 手毬花
原産地
中国 
生活型
耐寒性落葉低木

コメント

コデマリとは

コデマリ(小手毬、学名:Spiraea cantoniensis)とは、中国原産で、バラ科シモツケ属の耐寒性落葉低木です。春〜初夏に、しなやかな枝全体に小さな白花を多数まとめて咲かせます。立ち姿は株立ち状の自然体です。葉は先が尖った船形です。秋に、良く伸びた枝に花芽が付き、越冬して翌年に開花します。花径が1cm程の小さな五弁の白花が多数集合して、半球状に固まって咲きます。花名は花姿が小さな手鞠に似ていることから付けられました。庭植えや大型コンテナ、切花などに用いられます。同属で、春に、同じような白い小花を沢山咲かせる花に以下のものがあります。ユキヤナギ(雪柳、学名:Spiraea thunbergii)は白花を柳のように流れるように長手方向に咲かせます。シジミバナ(蜆花、学名:Spiraea prunifolia)は蜆貝のような形の白花を咲かせます。

一般名:コデマリ(小手毬)、学名:Spiraea cantoniensis、別名:テマリバナ(手毬花)、スズカケ(鈴懸け)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科シモツケ属コデマリ種、原産地:中国、生活型:自然樹形の耐寒性落葉低木、株立ち性、樹高:100~200cm、葉形:船形で先が尖る、葉長:3cm、葉縁:鋸歯あり、開花期:4~5月、花色:白、花径:1cm、花序径:5cm、花の咲き方:一重、八重、品種:ヤエコデマリ、キンバコデマリなど、用途:庭植え、大型コンテナ、切花、繁殖方法:挿し木、栽培環境:日向と水はけの良い場所、特徴:寒さ、乾燥、病気に強い。

詳細情報

バラ
バラ
シモツケ
コデマリ
花言葉
気立ての良い / Good character (04月24日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
広披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
4月5月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
シャコバサボテン_img
フシグロセンノウ_img
ゴジアオイ_img

ランダムな花

オオヒメクグ_img
ムシトリナデシコ_img
ヒスイカズラ_img
イヌツゲ_img
ツバキ オケサバヤシ_img
シナノキ_img
アルストロメリア_img
変化朝顔 曜白大輪 '富士の空'_img
プラタナス_img
オーニソガラム・アラビカム_img
ムクゲ_img
ティフォノドルム・リンドレイアヌム_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved