シジミバナ

Spiraea prunifolia

  • シジミバナ
  • シジミバナ
  • シジミバナ
  • シジミバナ
  • 花名
    シジミバナ
  • 学名
    Spiraea prunifolia
  • 別名蜆花, bridalwreath spirea, エクボバナ, 笑窪花, Shizimi-bana, Bridalwreath
  • 原産地中国・朝鮮半島、日本
  • 開花場所庭, 切り花・生け花
  • 開花期4月, 5月

シジミバナとは

シジミバナ(蜆花、学名:Spiraea prunifolia)とは、中国・朝鮮半島、日本原産で、バラ科シモツケ属の落葉低木です。春、枝に多数の八重の白い小花を咲かせます。枝から散形花序を伸ばし3-10個の花を付けます。シジミバナという花名は、小さな白花が、シジミガイ(蜆貝)の小さな白い剥き身に似ていることから付けられました。 花の中央が窪んでいることからエクボバナ(笑窪花)とも呼ばれます。 春に小さな白花が多数集合して咲く似た花に、同科同属の、 ユキヤナギ(雪柳、学名:Spiraea thunbergii)や、 コデマリ(小手鞠、学名:Spiraea cantoniensis) があります。

一般名:シジミバナ(蜆花)、学名:Spiraea prunifolia、別名:エクボバナ(笑窪花)、bridalwreath spirea、Bridalwreath、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科シモツケ属、原産地:中国、樹高:100~200cm、樹皮:褐色~暗灰色、葉身長:2-3.5cm、葉形:卵状楕円形、葉序:互生、葉縁:細かい鋸歯有、開花期:4月~5月、花柄:2cm、花色:白、花径:0.8-1cm、花の咲き方:八重、用途:生け花・切花・庭木。


  • バラ
  • バラ
  • シモツケ
  • ユキヤナギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径0.8 ~ 1.0 cm

ランダムな花