ハルニレ

Ulmus davidiana var. japonica

季節

  • ハルニレ
  • ハルニレ
  • 花名
    ハルニレ
  • 学名
    Ulmus davidiana var. japonica
  • 別名春楡, Ulmus davidiana var. japonica, ニレ, エルム, Japanese Elm, アカダモ
  • 原産地日本
  • 開花場所植物園, 北海道
  • 開花期3月, 4月, 5月
  • 花言葉「威厳」

ハルニレとは

ハルニレ(春楡、学名:Ulmus davidiana var. japonica)は、日本原産で、ニレ科ニレ属の落葉広葉高木です。雌雄同株。普通、ニレと言えば、このハルニレを指します。北海道~九州に自生しますが、北海道大学に植えられているように東日本に多いです。樹皮は灰褐色で縦に深裂します。樹皮を剥ぐと出る粘々した液は粘着剤に使われます。花は花弁が無く、雄蕊と雌蕊を持つ黄緑色の両性花です。樹高が30mにもなるので、家庭の庭ではなく公園樹、街路樹にされます。大きな葉は下半分は左右非対称です。

一般名:ハルニレ(春楡)、学名:Ulmus davidiana var. japonica、又名:ニレ、エルム、アカダモ、Japanese Elm、原産地:日本、分類名:植物界被子植物真正双子葉類イラクサ目ニレ科ニレ属ハルニレ種、生活型:落葉高木、樹高:15~30m、樹径:1m、樹皮色:灰褐色で縦に深裂、葉長:3~12cm、葉幅:3~5 cm、葉序:互生、葉形:倒卵形~楕円形、葉縁:2重鋸歯、雄蕊数:4、葯色:赤褐色、雌蕊:花柱2列し白毛有、開花期:3~5月、花色:黄緑色の蕊、果実期:5~6月、果実径:1.5 cm、果実型:扁平な団扇形、用途:公園樹、街路樹、盆栽、建具、楽器材、炭。


  • イラクサ
  • ニレ
  • ニレ
  • ハルニレ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    倒卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1500.0 ~ 3000.0 cm
  • 花径0.0 ~ 0.0 cm

ランダムな花