ヒメシャガ

Iris gracilipes

  • ヒメシャガ
  • ヒメシャガ
  • ヒメシャガ
  • ヒメシャガ
  • ヒメシャガ
  • ヒメシャガ
  • ヒメシャガ
  • ヒメシャガ
  • ヒメシャガ
  • ヒメシャガ
  • 花名
    ヒメシャガ
  • 学名
    Iris gracilipes
  • 別名
  • 原産地中国
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉友人が多い

ヒメシャガとは

ヒメシャガ(姫著莪、学名:Iris gracilipes)は、中国原産で、アヤメ科アヤメ属の落葉性多年草です。
シャガ(著莪)とよく似ていますが、より小型で、絶滅危惧植物に指定されています。花は薄紫色で、花数はシャガより少なく、また小さい。
草丈はシャガは50~70cm程になりますが、ヒメシャガは30cm程です。
シャガの葉には光沢がありますが、ヒメシャガの葉には光沢が無く、葉幅はより細く、冬に地上部が枯れます(シャガの葉は枯れません)。 開花はシャガが4月~5月なのに対し、ヒメシャガは5月~6月と少し遅れます。

一般名:ヒメシャガ(姫著莪、姫射干)、学名:Iris gracilipes 、学名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目アヤメ科アヤメ属ヒメシャガ種、原産地:中国 分布:北海道・本州・四国・九州の日本、中国 環境:山地の林床、草丈:10~30 cm、葉形:剣形、葉長:20~40 cm、葉幅:1~1.5 cm、花径:4 cm、花色:薄紫、花の咲き方:一重・八重、開花期:5月~6月。


  • キジカクシ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • ヒメシャガ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    あやめ形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径4.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花