クガイソウ

  • クガイソウ_img_0
    クガイソウ @ 箱根湿生植物園
  • クガイソウ_img_1
    クガイソウ @ 箱根湿生植物園
  • クガイソウ_img_2
    クガイソウ @ 箱根湿生植物園
  • クガイソウ_img_3
    クガイソウ @ 白山自然高山植物園

基本情報

花名
クガイソウ
英名
Veronicastrum japonicum
学名
Veronicastrum japonicum
別名
九階草
原産地
日本、中国、朝鮮半島
生活型
多年草

コメント

クガイソウとは

クガイソウ(九蓋草、学名:Veronicastrum japonicum)は、日本・中国・朝鮮半島原産で、オオバコ科クガイソウ属の多年草です。日本では本州の日当たりの良い草原に自生します。夏に、花茎を出し先端から総状花序を伸ばし紫色の小花を集合させた花穂を付けます。花名は小葉が4〜8枚輪生し、何層にもなることから付けられました。小花の花径は0.5cm程で2本の雄蕊が突き出します。若芽は食用となります。似た花に、葉が対生するオカトラノオ(丘虎の尾、学名:Lysimachia clethroides 、これは白花)や、ヤマトラノオ(山虎の尾、P. schmidtianum )、ヒメトラノオ(姫虎の尾、ヒメトラノオ f. albiflorum )があります。また、ルリトラノオ(瑠璃虎の尾、学名:Pseudolysimachion subsessile)と似ていますが、ルリトラノオ(P. subsessile)は茎から複数の花穂が出ますが、クガイソウ(V. japonicum )は一つの茎に1つの花穂しかつけません。

一般名:クガイソウ(九蓋草・九階草)、学名:Veronicastrum japonicum 、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類シソ目オオバコ科クガイソウ属、原産地:日本・中国・朝鮮半島、環境:山地の日当たりの草原、生活型:多年草、草丈:70~120cm、茎:直立し円形、単葉、葉:輪生、葉序:対生、葉身:10〜15cm、葉幅:5cm、葉形:長楕円状披針形、先端:尖る、葉縁:鋸歯有り、花の形:長い総状花序、花序長:10〜25cm、花冠形:筒状で先端が4浅裂、花冠長:0.5cm、花色:紫、開花期:6月〜8月、雄蕊数:2本、雄蕊は花冠の2倍長さ、果実型:液果、果実形:卵形、果実長:0.3cm。

詳細情報

シソ
オオバコ
クガイソウ
クガイソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
6月7月8月
高さ
70 ~ 120 [cm]
花径
0.5 ~

アクセスランキング(日別)

ネジバナ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

ヤブラン_img
ウスギコンロンカ_img
スティクトカルディア・ベラビエンシス_img
エゾゴゼンタチバナ_img
アカバナルリハコベ_img
シノブボウキ_img
タツナミソウ_img
ユリ_img
プルメリア_img
芍薬 滝沢赤_img
アスパラガス・デンシフロルス 'マイアーズ'	_img
アサガオ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved