ブルーファンフラワー

Scaevola aemula

  • ブルーファンフラワー
  • ブルーファンフラワー
  • ブルーファンフラワー
  • ブルーファンフラワー
  • 花名
    ブルーファンフラワー
  • 学名
    Scaevola aemula
  • 別名Blue fan flower, Scaevola aemula, カエヴォラ・アエムラ, 末広草, スカエボラ, fairy fan-flower, common fan-flower
  • 原産地オーストラリア南・東部
  • 開花場所庭, 鉢花
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月
  • 花言葉祝杯をあげる

ブルーファンフラワーとは

ブルーファンフラワー(Blue fan flower、学名:Scaevola aemula)は、オーストラリア原産で、クサトベラ科クサトベラ属の匍匐性常緑多年草です。葉は緑色で長楕円形、葉縁に粗い鋸歯があり、枝に互生して付きます。代表色は花名の青紫色ですが、赤紫や、白、黄(交配種)があります。花名にファがン(fan)とあるように、花の形は扇状形で、葉腋にたくさんの花が輪状に咲きます。開花期は長く、春~晩秋まで咲きます。這性があり横広がりとなるので、吊り鉢に使われます。属名の「Scaevola」はラテン語で「Scaevola(左利き)」に由来し、花が咲いている姿が左手が開いているように見えることから。種小名の「aemula」は(似た)という意味です。花言葉は「乾杯」。園芸品種が多数あります。

一般名:ブルーファンフラワー(Blue fan flower)、学名:Scaevola aemula、別名:スエヒロソウ(末広草)、fairy fan-flower 、common Fan-flower、スカエヴォラ・アエムラ(Scaevola aemula)、スカエボラ 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キキョウ目クサトベラ科クサトベラ属(スカエボラ属 )、原産地:オーストラリア南・東部、生活型:匍匐性常緑多年草、 草丈:10~40 cm、横幅:30~50 cm 、葉序:互生、葉色:緑、葉質:光沢有、葉形:長楕円形、葉縁:粗い鋸歯、左右相称花、離弁花冠、花序:穂状花序/集散花序、花冠:5弁花、花弁数:5、花色:青紫・赤紫・白・黄(交配種)、花径:1~1.5 cm、開花期:4月~11月、花が付く場所:葉腋に花穂を出し5弁の扇状の花をつける、備考:庭植、吊り鉢。


  • キク
  • クサトベラ
  • クサトベラ
  • スカエヴォラ・アエムラ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型匍匐性常緑多年草
  • 花の色紫 桃
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 40.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.5 cm

ランダムな花