リシリシノブ

Cryptogramma crispa

  • リシリシノブ
  • リシリシノブ
  • 花名
    リシリシノブ
  • 学名
    Cryptogramma crispa
  • 別名利尻忍, イワシノブ
  • 原産地日本の北海道~本州、アジアの高山帯
  • 開花場所高山
  • 開花期

リシリシノブとは

リシリシノブ(利尻忍、学名:Cryptogramma crispa)は、北海道等の高山に自生するホウライシダ科リシリシノブ属の落葉シダで、冬に地上部分が枯れる夏緑性のシダです。葉は栄養葉と胞子葉(実葉)の2種類が出ます。環境省カテゴリ: 準絶滅危惧(NT)に指定されています。

一般名:リシリシノブ(利尻忍)、学名:Cryptogramma crispa、別名:イワシノブ、原産地:日本の北海道~本州、アジアの高山帯、環境:岩場、分類名:植物界被子植物単子葉類ウラボシ目ホウライシダ科リシリシノブ属リシリシノブ種、草丈:10~30 cm、葉形:2-3回羽状、裂片は披針形、栄養葉高:10 cm、胞子葉高:30 cm。


  • ウラボシ
  • ホウライシダ
  • リシリシノブ
  • リシリシノブ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    その他
  • 葉形
    3回羽状複葉
  • 葉縁
  • 生活型夏性シダ
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花