かぎけん花図鑑

チシマギキョウ

基本情報
花名
チシマギキョウ
英名
Chishimagikyou
学名
Campanula chamissonis
別名
千島桔梗, Chishimagikyou
原産地
日本等のアジアと北米
生活型
多年草
コメント
チシマギキョウ(学名:Campanula chamissonis)は、初夏〜夏、高山の礫地や岩場、草地に咲くキキョウ科ホタルブクロ属の多年草です。根茎が横に這って株を作り分枝し草丈の低い茎を直立させて茎頂に1個、青紫色でやや下向きの一日花を咲かせます。釣り鐘形の花冠は先端で5裂し各裂片に白い長毛が生えています。3角形の萼片があります。イワギキョウ(岩桔梗)と似ています。
一般名:チシマギキョウ千島桔梗
学名:Campanula chamissonis
別名:Chishimagikyou
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キキョウ科ホタルブクロ属
原産地:日本等のアジアと北米
草丈:5〜15cm、
葉序:互生、葉身:2〜10cm、葉形:へら状、葉縁:全縁、
放射相称花、合弁花、花序:単項、花冠形:鐘形で先端が5裂、花色:青紫、花冠長:3〜3.5cm、花の咲く向き:やや下向き、
開花期:6月中旬〜7月中旬、雄蕊数:5、顎:三角形で基部に付属片有、
果実:蒴果、
用途:観賞用
詳細情報
キク
キキョウ
ホタルブクロ
チシマギキョウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
6月 7月
高さ
5  ~ 15  [cm]
花径
3  ~ 3.5