ヤチトリカブト

  • ヤチトリカブト_img_0

    ヤチトリカブト @ 立山室堂

基本情報

花名
ヤチトリカブト
英名
Yachtorikabuto
学名
Aconitum nipponicum ssp. nipponicum var. nipponicum
別名
谷地鳥兜
原産地
日本固有種 
生活型
多年草、毒草

コメント

ヤチトリカブト(学名:Aconitum nipponicum ssp. nipponicum var. nipponicum)は、日本固有種で(亜)高山の湿った草地に自生する鳥兜です。 丈は50~120cmで茎は直立します。 葉は3深裂します。ミヤマトリカブトの変種です。 花柄に付く毛が、ミヤマトリカブトの場合は様々な向きから全体を覆いますが、ヤチトリカブトの場合は茎に直角な毛だけが生えています。 キンポウゲ科の多年草です。 夏に花茎を伸ばし、先端に散房花序に青紫色の兜の形をした花を多数付けます。 全草に猛毒があります。

一般名:ヤチトリカブト谷地鳥兜)、 
学名:Aconitum nipponicum ssp. nipponicum var. nipponicum、 
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科トリカブト属、
原産地:日本、 分布:本州の(亜)高山の湿った草地、 
生活型:多年草、 
草丈:50~120cm、 茎:直立、 
葉形:3深裂、 葉色:緑、  
花序:散房花序に多数付く、 開花期:8月~9月、 花色:青紫、 花形:兜状、  
備考:日本固有種、 全草に猛毒がある

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
トリカブト
ヤチトリカブト
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
仮面状花冠
葉のタイプ
掌形
葉の縁
欠刻状
鑑賞場所
亜高山高山湿地
青, 紫
開花時期
8月9月
高さ
50 ~ 120 [cm]
花径
2.5 ~ 4

アクセスランキング(日別)

テマリソウ_img
リナリア_img
パンノキ_img
エルサレムセージ_img

ランダムな花

シシトウ_img
スイセン_img
ピーマン_img
シャガ_img
シャクジョウソウ_img
オオイヌタデ_img
カジイチゴ_img
シモツケ_img
ネコノヒゲ_img
サワシバ_img
ニワザクラ_img
ナエバキスミレ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved