ハナチダケサシ

  • ハナチダケサシ_img_0
    ハナチダケサシ @ 不明

基本情報

花名
ハナチダケサシ
英名
Astilbe formosa
学名
Astilbe thunbergii var. formosa
別名
花乳茸刺, アワモリソウ
原産地
日本
生活型
多年草

コメント

ハナチダケサシとは

ハナチダケサシ(花乳茸刺、学名:Astilbe thunbergii var. formosa)は、日本原産で、ユキノシタ科チダケサシ属の多年草です。夏に、山地の草原で、円錐花序を伸ばし泡のように小さな白花を集合させて咲かせます。アカショウマ(赤升麻)の変種で、アワモリショウマ(泡盛升麻)と似ています。花弁はヘラ状をしています。

一般名:ハナチダケサシ(花乳茸刺)、学名:Astilbe thunbergii var. formosa、別名:アワモリソウ(泡盛草)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ユキノシタ目ユキノシタ科チダケサシ属、生息分布:本州、環境:山地の草原、原産地:日本、生活型:多年草、茎丈:50〜80cm、葉序:3回奇数羽状複葉 頂小葉:卵形、葉長:10cm、小葉身長:5~10cm、葉縁:重鋸歯、小葉形:クサビ状で先端が尖る、花序形:円錐花序、花長:0.5cm、開花期:5月〜7月、花色:白、花弁数:5枚、萼片数:5枚、雄蕊数:10本、雌蕊数:2本、花弁形:ヘラ状、花弁の長さ:雄蕊より長い、果実:蒴果、用途:山草、鉢植え、花壇用、花弁形:ヘラ状 花弁の長さ:雄蕊より長い、果実:蒴果、用途:山草、鉢植え、花壇用。

詳細情報

ユキノシタ
ユキノシタ
チダケサシ
ハナチダケサシ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
奇数羽状複葉
葉の縁
重鋸歯状
鑑賞場所
低山鉢花
開花時期
5月6月7月
高さ
50 ~ 80 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

ウナダレヒレアザミ_img
ヒメヒオウギズイセン_img
オウコチョウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

ナガミヒナゲシ_img
クマガイソウ_img
ハツユキソウ_img
シロバナハンショウヅル_img
ヘチマ_img
ワサビ_img
ヒヨス_img
レモン_img
アキニレ_img
ビオラ_img
サンケジア・スペキオサ_img
シラン_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved