レイジンソウ

  • レイジンソウ_img_0

    レイジンソウ @ 六甲高山植物園

基本情報

花名
レイジンソウ
英名
Aconitum loczyanum
学名
Aconitum loczyanum
別名
Reijinsou, 伶人草
原産地
日本
生活型
多年草

コメント

レイジンソウ(伶人草、学名:Aconitum loczyanum)は、日本固有種でキンポウゲ科トリカブト属レイジンソウ種の多年草です。本州の東北から中部の湿った山野に自生します。和名は、花が舞楽の奏者(伶人)が被る冠に似ていることに拠ります。

一般名:レイジンソウ(伶人草)、
学名:Aconitum loczyanum、
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科トリカブト属レイジンソウ種、
原産地:日本、生活分布:南日本、環境:明るい山野、 
生活型:多年草、草丈:50〜80cm、根生葉:腎形で5-7深裂、根生葉長:10-15cm、茎葉は小さい、花序:総状花序、花の出る場所:茎頂や葉腋、開花期:8月~10月、花色:淡紫色、花冠:兜状、花弁のように見えるのは萼でその中に花弁がある+渦巻き状の距、花長:2.5-3cm、花柄長:1.5cm、果実:袋果、名前の由来:舞楽の奏者(伶人)が被る冠に似ている草と言う意味、花冠:唇形、用途:皮膚病の漢方、備考:全草が有毒植物

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
トリカブト
レイジンソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
腎臓形
葉の縁
欠刻状
鑑賞場所
低山
開花時期
8月9月10月
高さ
50 ~ 80 [cm]
花径
2.5 ~ 3

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved