エゾノツガザクラ

  • エゾノツガザクラ_img_0
    エゾノツガザクラ @ 箱根湿生植物園
  • エゾノツガザクラ_img_1
    エゾノツガザクラ @ 京都府立植物園
  • エゾノツガザクラ_img_2
    エゾノツガザクラ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
エゾノツガザクラ
英名
Blue mountain heath
学名
Phyllodoce caerulea
別名
蝦夷の栂桜, エゾツガザクラ, Blue mountain heath, blue heath
原産地
北海道~東北地方の高山帯
生活型
高山性常緑這性小低木

コメント

エゾノツガザクラとは

エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜、学名:Phyllodoce caerulea)とは、北半球の高山帯原産で、ツツジ科ツガザクラ属エゾノツガザクラ種の高山性常緑這性小低木です。北海道等の高山の岩場に自生します。夏に、枝先から散形花序を伸ばし、濃桃色で先端が5浅裂した壺形の小花を茎先に数個つけます。

一般名:エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)、学名:Phyllodoce caerulea、別名:エゾツガザクラ、Blue mountain heath、blue heath 、APG植物分類体系:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツガザクラ属エゾノツガザクラ種、原産地:北半球の高山帯、生息分布:北海道~東北、生活型:高山の岩場、樹高:5~15cm、茎色:茶色、葉色:緑、葉長:1cm、葉幅:0.2cm、葉形:線形、葉縁:鋸歯有、葉質:皮質、葉序:互生、開花期:7月~8月、花長:0.8~1.2cm、花色:濃桃色、花形:壺型で先端が5浅裂、花序:枝先に複数個を束生、雄蕊数:10個、子房:5室、萼:5深裂、萼色:暗赤茶色、花柄・花冠・萼:腺毛有り、果実型:蒴果、結実期:8月、果実色:赤茶色、果実形:楕円形、果実長:0.3 cm、特記:高山植物。

詳細情報

ツツジ
ツツジ
ツガザクラ
エゾノツガザクラ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
壺形
葉のタイプ
線形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山
ピンク, 紫
開花時期
7月8月
高さ
5 ~ 15 [cm]
花径
0.8 ~ 1.2

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ボダイジュ_img
モカラ_img
ギンヨウセンネンボク_img

ランダムな花

フジバカマ_img
シマクモキリソウ_img
サンゴバナ_img
ネメシア KLM_img
ジュウニヒトエ_img
グアバ_img
ラベンダーデンタータ _img
サポンソウ_img
シャムソケイ_img
クロビイタヤ_img
ヒナゲシ_img
テトラネマ・ロセウム 'アルバ'_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved