エゾノツガザクラ

Phyllodoce caerulea

  • エゾノツガザクラ
  • エゾノツガザクラ
  • エゾノツガザクラ
  • エゾノツガザクラ
  • エゾノツガザクラ
  • エゾノツガザクラ
  • エゾノツガザクラ
  • エゾノツガザクラ
  • 花名
    エゾノツガザクラ
  • 学名
    Phyllodoce caerulea
  • 別名蝦夷の栂桜, エゾツガザクラ, Blue mountain heath, blue heath
  • 原産地北海道~東北地方の高山帯
  • 開花場所高山
  • 開花期7月, 8月

エゾノツガザクラとは

エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜、学名:Phyllodoce caerulea)とは、北半球の高山帯原産で、ツツジ科ツガザクラ属エゾノツガザクラ種の高山性常緑這性小低木です。北海道等の高山の岩場に自生します。夏に、枝先から散形花序を伸ばし、濃桃色で先端が5浅裂した壺形の小花を茎先に数個つけます。

一般名:エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)、学名:Phyllodoce caerulea、別名:エゾツガザクラ、Blue mountain heath、blue heath 、APG植物分類体系:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツガザクラ属エゾノツガザクラ種、原産地:北半球の高山帯、生息分布:北海道~東北、生活型:高山の岩場、樹高:5~15cm、茎色:茶色、葉色:緑、葉長:1cm、葉幅:0.2cm、葉形:線形、葉縁:鋸歯有、葉質:皮質、葉序:互生、開花期:7月~8月、花長:0.8~1.2cm、花色:濃桃色、花形:壺型で先端が5浅裂、花序:枝先に複数個を束生、雄蕊数:10個、子房:5室、萼:5深裂、萼色:暗赤茶色、花柄・花冠・萼:腺毛有り、果実型:蒴果、結実期:8月、果実色:赤茶色、果実形:楕円形、果実長:0.3 cm、特記:高山植物。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ツガザクラ
  • エゾノツガザクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    壺形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型高山性常緑這性小低木
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 15.0 cm
  • 花径0.8 ~ 1.2 cm

ランダムな花