ハナノキ

  • ハナノキ_img_0
    ハナノキ @ 六甲高山植物園

基本情報

花名
ハナノキ
英名
Acer pycnanthum
学名
Acer pycnanthum
別名
ハナカエデ, はなのき, 花楓
原産地
日本
生活型
耐寒性落葉広葉高木

コメント

ハナノキとは

ハナノキ(花の木、学名:Acer pycnanthum)は日本固有種で、カエデ科カエデ属の耐寒性落葉広葉高木です。成木の樹皮は灰色で、幹はシンプルに直ぐ伸び、樹冠は卵形~紡錘形をしています。葉の基部は心臓形で3~5裂し対生につき葉縁に重鋸歯があります。葉は大きく、葉の表側は明緑色(萌芽期)→濃緑→黄色→深紅色(秋)→落葉(冬)と変化します。葉の裏側は毛が密生し白く見えます。秋の紅葉が美しいカエデ(Acer)の仲間です。 葉が開く以前の4月に、葉腋から散房花序を伸ばし、雌雄異株の小さな鮮紅色の花を複数個束状につけます。雄花と雌花は、それぞれ花弁と萼片を5枚づつ持ちます。公園樹や庭木、盆栽用に植栽されます。アメリカの、アメリカハナノキ(America花の木)と似ていますが、アメリカハナノキの方が生育が早いです。

一般名:ハナノキ(花の木)、学名:Acer pycnanthum、別名:ハナカエデ(花楓)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目カエデ科カエデ属ハナノキ種、原産地:日本、環境:山地、生活型:耐寒性落葉広葉高木、樹皮:灰色(成木)、幹:真っ直ぐ伸びる、樹冠:卵型~紡錘型、樹高:10~30 m、直径:1.5 m、雌雄異株、花序:散房花序、花径:0.5 cm、雄花:花柄:5 mmと長い、花の咲く方向:上向き、雄花の萼片数:5個、雄蕊数:5本、葯色:黒紫色、雌花:垂下した花柄は15 mm長、花弁数:4~5個、花柱長:4 mm、葉形:広卵形で3~5裂、基部は心臓形、葉長:3~8 cm、葉縁:重鋸歯、葉序:対生、葉表色:大きめの明緑色(萌芽期)→濃緑→黄色→深紅色(秋)→落葉(冬)、葉裏:毛が密生し白い、葉柄:有、開花期:4月、花弁数:5枚、花色:紅色~濃紅色、開花位置:前年枝の葉腋に束生、結実実期:6月、果柄長:65 mm、果実タイプ:翼果、鑑賞期:4月(花)、4~6月と10~11月(葉の見頃)、用途:シンボルツリー、庭木、公園樹、街路樹、花壇、鉢植え、備考:絶滅危惧II類(VU)、葉色は葉脈に沿って変わる、若い枝は赤い、花は葉が出る前に咲く。

詳細情報

ムクロジ
カエデ
カエデ
ハナノキ
花のタイプ
花の配列
散房花序
花弁の形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
重鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
4月
高さ
1000 ~ 3000 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

カサブランカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img

ランダムな花

ハナキササゲ_img
メキャベツ_img
オステオスペルマム ナシンガ_img
ヤナギハナガサ_img
セイヨウヤブイチゴ_img
クロスゲンチアナ_img
ツバキ クロツバキ_img
マーガレット・キューティーマイス_img
ハゴロモジャスミン_img
コヤスドウダン_img
オクラレルカ_img
イチビ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved