コメツガ

米栂

  • コメツガ_img_0
    コメツガ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
コメツガ
英名
Tsuga diversifolia
学名
Tsuga diversifolia
別名
Northern Japanese Hemlock, クロツガ, 黒栂
原産地
日本
生活型
常緑針葉小高木

コメント

コメツガとは

コメツガ(米栂、学名:Tsuga diversifolia)は、日本固有種で、マツ科ツガ属コメツガ種の常緑針葉小高木です。本州から九州までの寒冷な亜高山に自生します。幹の樹皮は灰褐色をしており一年枝には毛があります。名前は葉が米粒のように小さい栂ことに由来します。

一般名:コメツガ(米栂)、学名:Tsuga diversifolia 、別名:Kometsuga、Northern Japanese Hemlock、クロツガ(黒栂) 、分類名:植物界裸子植物門マツ亜門マツ綱マツ亜綱マツ目マツ科ツガ属コメツガ種 、原産地:日本固有種、生息分布:東北~九州、生活環境:亜高山、生活型:常緑針葉小高木、樹高:1~30 m、樹径:70 cm、枝に葉枕:有、葉柄:有 、樹皮:灰褐色で縦に裂け目有り、葉色:緑色、葉形:針状、葉長:0.4~1.2 cm、葉幅:0.15 cm、葉序:互生 、雌雄同株、開花期:5~7月、花:紅色で楕円形(雌花)、紫紅色(雌花)、結実期:9月~10月、果実型:毬果(松ぼっくり)、果実形:小型で楕円形、 果実色:紫、果実径:2 cm、果実のなる場所:枝先から下垂 、用途:盆栽、建材、器具材、パルプ材。

詳細情報

マツ
マツ
ツガ
コメツガ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
尾状花序
花弁の形
糸状
葉のタイプ
針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
亜高山
開花時期
5月6月7月
高さ
100 ~ 3000 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
マンゴー_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

バーベナ_img
ハナカイドウ_img
スズメノヤリ_img
ローマンカモミール_img
ナナカマド_img
ダールベルグデージー_img
ツバキ ハナダイジン_img
バラ  'ラジオ タイムズ'_img
ペチュニア_img
ワビスケツバキ タロウカジャ_img
アンスリウム_img
ミムラス ’ミスティック オレンジ’_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved